バック駐車が苦手から得意になった30代主婦のメモ

バック駐車が苦手だった30代主婦が運転が得意になったコツのメモ

タグ:ハンドル

バック駐車の方法は誰でも知っていますし、実際に行っています。

しかし、上手く出来る人とそうでない人の違いが起きるのはどうしてでしょうか?

理由は色々ありますが、一つの原因として、ハンドルを切るタイミングが最適ではない場合が考えられます。タイミングというのは、どこかの位置を目安にして、その位置に車がきた時にハンドルを切り始める瞬間のことです。

バック駐車が上手い人は、無意識的に「車がここに来たらハンドルをこちらに切って」という操作をしています。ハッキリとした目安を持っていて、目安と車の位置関係を基準にしてハンドル操作をしています。
clasic-2034415_640

ハンドルを切り出すタイミングの目安

駐車スペースに近づく時

駐車場に入って来て(あるいは、自分の家の車庫の前の道路に入って来て)、駐車したいスペースに目標が決まったら、近づきながら車体とスペース入り口を接近させます。

およそ70㎝から80㎝の距離になります。通路幅によって余裕がある時と狭い場合では、この接近の距離は変化することも可能ですが、安全を確保した上で一定にするようにした方が駐車作業は安定します。

運転席から見ると、かなり接近しているようでも、実際に計測するとかなり離れているものです。運転席から見てぶつからないと思える範囲で接近するように意識します。

スペースの入り口のラインに対して、車体が平行になるようにハンドルを操作します。
BlogPaint
通路幅(道路幅)が極端に狭い場合には、接近する距離を更に短くする必要が出てきますが、十分安全を考慮します。

駐車スペースの奥の境界線に運転席が達した時

そのまま駐車スペースの入り口に平行に進み、駐車スペースの奥の境界線が運転席の真横に見えた時、ハンドルを回して、後部が駐車スペースの入り口に向くように車体を傾けます。

通路幅(道路幅)が極端に狭い場所では、ハンドルを切るタイミングをもっと遅らせます。つまり、駐車スペースの奥の境界線が、運転席の真横を通り過ぎた位置に達してから切り始めます。
BlogPaint


車を傾け始めるタイミングは、結果的に車の後部が入り口に向かって、スムーズに入れる位置関係になれば良いので、他の目安を用いたタイミングでも可能です。

例えば、駐車スペースの手前の境界線に対して、車の外側後部が入るように思えた地点でハンドルを切り始めるという方法もあります。
BlogPaint

外側の後部が入り口手前の境界線に入るかどうかの判断は、この段階では想像するしかありません。しかし、ハンドルを切り始める前に、手前の境界線を見ながら、車体の後部の位置間隔を関連付けると、「ここで切れば、外側後部は入り口の手前の境界線の中に納まる」と思える位置が感じ取れます。

この方法は、車が駐車スペースの外側に寄り過ぎてしまい勝ちな人には有効です。

車体前部が通路幅の対面まで達した後

車を傾けながらハンドルを一杯に切って、そのまま回転していくと車体の前部は通路幅に達します。この時、車体の内側後部(内側後輪)がピボットエリアとどの位置関係にあるかでハンドル操作は変わってきます。

ピボットエリアの延長線に既に内側後部(内側後輪)が掛かっている場合には、一杯に切ったハンドルを少しずつ戻しながらバックし始めます。
BlogPaint

通路幅に多少余裕がある時や、車を傾け始める位置が先の方にタイミングがずれた場合、ピボットエリアより先に内側後部(内側後輪)が来ます。

その場合には、ピボットエリアに内側後部(内側後輪)が掛かるまで、直線線的にバックします。そのためには、ハンドルを真っ直ぐになるような位置に戻しておくようにします。
BlogPaint
ピボットエリア(内側境界線と入り口ラインの交点を中心とする半径50㎝の円)の中で、内側後輪を回転させるようにするのが基本的イメージですが、(私も最初はそのように意識していました。ブログの中でも、そのように述べた記事もありあります)経験を積んだ結果、実際のピボットエリアよりも、通路側に延長した位置にピボットエリアを想定して、そこで回転する方が、安全で正確な駐車ができることが分かってきました。
BlogPaint

実際のピボットエリアで回転しようとすると、隣の車や障害物との接触の危険性が高まります。手前に想定したピボットエリアならば、その心配はありません。

BlogPaint
安全だけなく、車体が真っ直ぐになるタイミングが早くなるので、駐車スペースに入る前に車体の真っ直ぐにする操作を調節できます。

通路が狭くなる程、延長線上に想定したピボットエリアは、実際のピボットエリアに近づいていくことになります。

実際のピボットエリアよりも、いかに手前にピボットエリアを想定できるかが、バック駐車の向上につながるとも言えます。

車体を真っ直ぐにする時

駐車スペースの入り口に車体後部が入り、ハンドルの戻しと共に車体が駐車スペースに対して垂直になっていきます。

理想的には、駐車スペースの中央に真っ直ぐに駐車することですが、先ず優先すべきは真っ直ぐに駐車することです。
BlogPaint

そのためには、内側のサイドミラーを見ながら、境界線と車体が平行になる様に集中します。左右のサイドミラーを交互に見ながら、左右の境界線と車体の空間を調節しようとすると、ハンドル操作が左右に大きく振られて、結果として車体が真っ直ぐにならない内に車止めに達してしまう可能性が高くなります。

左右の調節よりも、内側の車体と境界線が平行に真っ直ぐになることを優先します。これができるようになると、車体と境界線の空間をどの位に保てば、結果的にスペースの中央に車体が来るかが分かってきます。内側の調節だけで、車体を中央に駐車することができるようになります。(この点についても、初期の記事では左右のサイドミラーを見ながらハンドル操作で調節するように述べていました。現在では、内側のサイドミラーに集中して調節する操作を行っています)

幅寄せのために前進とバックする時

車体を真っ直ぐに調節する段階で、ハンドルの戻しが足りなかったり、戻し過ぎた場合には、駐車スペースに対して車体が斜めになってしまいます。

車体が真っ直ぐに出来なかった場合には、前進しながらの幅寄せを行います。幅寄せでも、前進で行うよりも、バックしながらの幅寄せの方が難しくなります。そのため位置調節や車体の傾きを修正するための幅寄せは、バックしながらよりも、前進して行う方が正確で簡単です。
BlogPaint


4月に新しい会社に車で通うようになった25歳の女性の話です。彼女は短大を卒業した後、地元の信用金庫に努めていましたが、農業をしていた父親の介護が必要になり、畑仕事に追われる母親を手伝うため仕事を辞めました。

昨年父親が他界し、農家の仕事にも見切りをつけました。母親は家の周りに食べる分の野菜だけ作って、後はのんびり老人会のゲートボールなどで過ごしていま。

彼女の新しい就職先は金属加工の工場で、経理の仕事をすることになりました。家からは車で30分程の所で、バスの便はないので家の車で通うことになりました。

彼女の乗る車は軽自動車で、ダイハツのミライ―スというかわいい車です。他にも古い軽トラックがありますが、そちらはマニュアル車で、今では母親しか乗りません。

彼女が免許を取ったのは3年前ですが、ほとんどペーパードライバーでした。もともと運転は好きではありませんでしたが、家にいる間に取っておこうと思ったのです。

彼女の悩みは、会社の駐車場など、どこの駐車場でもそうなのですが、バックで駐車する時に、ハンドルをどちらに回せば車がどう動くとかが分からず、いつも苦労していました。

教習所で習った目印などがないので、自分で考えながら行うのですが、決まった方法が見当たらず、いつも迷いながら駐車をしていたのです。

そんな彼女が、「どっちにハンドルを回せばいいか分かった!」と、バック駐車だけでなく、縦列駐車も苦にならなくなった練習方法を見つけたのです。

ダイハツミライ―ス
<出典画像:『ダイハツ ミライ―ス』https://matome.response.jp/articles/745>

理屈では分かっていても・・・

彼女はどうしてバックになると、ハンドルをどっちに回せばいいのか分からなくなるのだろうと考えました。前に行く時は何も考えなくても、行きたい方へハンドルを自然に回すのに、後ろになると途端にこんがらがってしまうのか。

彼女も理屈では分かっていました。前進でも後退でも、行きたい方へハンドルを回せばよいことは。左後ろへ行きたければ、ハンドルも左へ回し、右後ろへいきたければ、ハンドルも右へ回すということは承知していました。

BlogPaint

しかし、いざバック駐車しようとすると焦ってしまって、頭の中が真っ白になって、どっちにハンドルを回せばいいか分からなくなって、今車がどっちに向いてるのかも分からなくなってしまうのです。

だから時間をかければ、何とかバック駐車できるのですが、その日の調子によって、仕上がりが左に曲がったり、右に曲がったりして、満足のいく駐車が出来ません。

解決するには、じっくり納得のいくまで、自分で試しながら練習を繰り返すしかないと考えました。体に覚えさせるには、どんな方法がいいのだろうかと。簡単で効果的な方法はないか、どこでも出来るような方法は?

直ぐに思いつきませんでしたが、ふと、バック駐車と縦列駐車の車の動きが重なって頭に浮かびました。

バック駐車と縦列駐車の車の動き

バック駐車の動きと縦列駐車は別々のものと思っていましたが、俯瞰して眺めて見ると共通しているように感じました。

バック駐車では先ず、車を駐車スペースの入り口にお尻を向けて傾けます。その後、入り口に向かって斜めにバックしていきます。入り口に車の後部が入ると、今度は真っ直ぐに下がっていきます。運転席を内側にしたバック駐車の場合、平仮名の「く」の字に似たルートをたどります。助手席側を内側にした場合には逆「く」の字になります。

縦列駐車はどうでしょうか?こちらも、最初左後方へバックして、車の後ろ半分ぐらいが駐車スペースに入ったら、今度は真っ直ぐ後ろへ下がります。こちらも「く」の字のルートなのが分かります。

BlogPaint

バック駐車と縦列駐車の動きを見てくると、どちらも斜めに下がった後、真っ直ぐ後ろに下がる動きになります。

ここで彼女は「ピン!」と来るものがありました。「バック駐車には、何か車を回転させるイメージがあるけど、やってることは斜めに下がって、その後真っ直ぐ下がるだけなんだ。縦列駐車も、前の車の後ろに回り込むように思っていたけど、斜めに下がってから、真っすぐに下がるだけ」と、なんだか駐車が単純に思えたのです。

縦列駐車を練習すればハンドルの動きはマスターできる!

バック駐車と縦列駐車では、主に注視するサイドミラーが逆になります。例えば運転席側を内側にしてバック駐車する場合は、運転席側のサイドミラーを主に注視します。縦列駐車の場合には、縁石に近い助手席側のサイドミラーを主に注視します(一方通行などで道路の右側に駐車する場合には逆になります)。

そのような違いがありますが、斜め後ろに車をバックさせ、あるところでハンドルを反対方向に回して車の向きを変え、真後ろのバックに切り替えるハンドル操作は似ています。

また、縦列駐車でも車の左後方と縁石の位置関係、左の縁石のラインと車の左側面の平行関係などの確認を、助手席側のサイドミラーでする操作は、バック駐車の場合と共通した操作です。

つまり、縦列駐車のハンドル操作をマスターすれば、バック駐車にそのまま応用できることになります。

彼女は内気な性格なので、用もないのに一人でスーパーなどの駐車場で練習する勇気がありませんでした。幸い近くに広くて人通りの少ない空き地があったので、空き地を囲む塀を縁石に見立てて、縦列駐車の練習をしました。

最初は塀に車を擦りそうになりましたが、ハンドルをどちらに回せば車はどちらに向かっていくのかが、感覚で分かるようになっていきました。

塀に近づく時のハンドルを回す方向、車の後部の角が塀に近づいたら、ハンドルを反対に回して車の向きを変える感覚が身に付いていきました。空き地が良かったのは、縦列駐車を左右の異なる方向から練習できたことです。

彼女のバック駐車はまだ完璧とは言えませんが、もうハンドルをどちらに回せばいいのか迷うことはなくなりました。彼女の理想のバック駐車は、1回で駐車枠のど真ん中に真っ直ぐ駐車することですが、今の彼女のバック駐車は、1回でほぼ真っ直ぐに駐車できるのですが、まだど真ん中には停められないという状態です。

教習所の卒業検定の縦列駐車では、一連の流れの中で、各動作の前にしっかり止まってから、ハンドルを切るべきでしょうか?それとも、流れを止めないようにハンドルを切った方が良いでしょうか?

「ええと、次にどうするんだっけ?」などと考えながらハンドルを切っていると、右に切るのか左に切るのか分からなくなってしまいます。スムーズに出来たとしても、縁石から離れすぎていたら、前に戻ってやり直したり、苦手な切り返しをして左に寄って行かなければなりません。

かと言って、ゆっくり止まっていたら、ぎこちなく見られて減点されるのではと不安になります。ミスを少なくして検定に受かるには、どうすれば良いのでしょうか?どうせスムーズには出来ないとしたら、どこで止まって、どこでハンドルを切れば良いでしょうか?

bmw-768688_640

しっかり止まってハンドルを切る10ステップ

教習所の卒業検定の縦列駐車では、止まらないでスムーズに動作させようとするのは止めましょう。それよりもミスを少なくして精度を上げるやり方に決めます。しっかり止まってハンドルを切る10ステップです。

ポイントは、車をバックさせることとハンドルを切る動作を確実に分けることです。

1. 駐車したいスペースの横で止まり安全を確認する

BlogPaint

実際の場合は車の長さの1.5倍以上のスペースが必要ですが、教習所なのでスペース内の安全確認の目視だけを行います。

2. 駐車スペースの前の車の真横に車を進めて止まる

BlogPaint

駐車スペースの前に車が停まっている設定です。その車と丁度横並びするように車を停車させます。ポイントは両方の車の後部の面が揃うように並ぶことです。お互いの車の長さが違っても、後部の位置を合わせます。

3. ハンドルを駐車スペース側へ一杯に切る

BlogPaint

両方の車が並んだ位置から一杯にハンドルを切っても、内輪差があるのでぶつかりません。内輪差とは、前輪は後輪より外側を通ることです。隣の車の横を通過すれば、後輪が駐車スペースに回り込んでも、前輪はそれより外側を通るのでぶつかりません。だから、並んで止まった状態で、一杯に切ってしまって構いません。

4. バックを始める

BlogPaint

ハンドルは既に切ってあるので、バックを始めると自然に駐車スペース側に回り込んでいきます。駐車スペースと反対側(道路側)のサイドミラーに、駐車スペースの奥の縁石の角が見えたら車を止めます。これで車が駐車スペースへ入っていく角度が決まりました。

5. ハンドルを真っすぐに戻す

BlogPaint

この後、その角度のまま真っすぐにバックするので、そのためにハンドルを真っすぐに戻します。戻す間は車を動かしません。車を止めた状態のままハンドルだけ真っすぐに戻します。

6.バックを再開する

BlogPaint

ハンドルは真っすぐのまま動かさない状態で、バックを再開します。車は駐車スペースに向かって、角度を保ったまま、真っすぐにバックしていきます。駐車スペースの範囲に外側(道路側)の後輪が入ったら止まります。これで両方の後輪が駐車スペースに入りました。

7. ハンドルを道路側へ一杯に切る

BlogPaint

車は止まったまま、前輪を駐車スペースに入れるために、ハンドルを道路側へ一杯に切ります。この段階の時に、このまま車の前部が駐車スペース側に回転したら、前の車と接触しないだけの余裕があることを確認します。余裕がなさそうなら、駐車スペースへの入り込みが浅いので、もう少し深くバックしておきます。

8. バックを再開する

BlogPaint

前輪が駐車スペース側に回り込みます。前の車にぶつからないか、縁石と車の内側後部がぶつからないか、確認しながら慎重にバックします。車が真っ直ぐになったらバックを止めます。これで車全体が駐車スペースの中に入りました。

9. ハンドルを真っ直ぐに戻す。

BlogPaint

車を止めた状態でハンドルを元に戻します。

10. 必要があれば前後、左右の移動調整をする

駐車スペースからはみ出していたり、前後が空き過ぎていたら、切り返しなどをして、適切な位置に移動します。

特に、前輪が駐車スペースに回り込む時に、前の車に接触しないようにくれぐれも注意します。

しっかり止まることはしっかり確認するタイミング

  • 最初の駐車スペースの障害物の確認
  • 前の車の真横に止まって後方の確認
  • 真っ直ぐ駐車スペースまで下がる後方の確認
  • 車の角度を斜めにして前の車との余裕の確認
  • 縁石と車の後方との余裕の確認
  • 車が駐車スペースに完全に収まった状況の確認

ハンドルの操作と車のバックを区別して行えば、車を止めた場面毎に確認のタイミングも生まれます。スムーズに切れ目なく行おうとして、確認を怠たることで失敗し、何度も繰り返すより、多少ぎこちなくても、しっかり止まって確認を入れることの方が、良い結果につながります。

卒業検定のチェック項目にも、バックする前の目視による安全確認、バックする途中での目視による安全確認があります。縦列駐車の各ステップに、「止まる」という工程を挟めば、目視をする切っ掛けも生まれます。

教習所の中の縦列駐車は、日常生活の場面と違って、毎回同じ環境で行います。車をどの位置で止め、どのタイミングでハンドルを切るかを、検定の前に何度も試して再現できる条件が整っています。

しっかり止まって、確認して、そしてハンドルを切る。メリハリのある縦列駐車で卒業検定を乗り切りましょう。

 

バック駐車でもたついている人を見ると、
余計なことに一生懸命で、
肝心なところに集中していないことが分かります。


ハンドルを必死で回しているのに、
車が思う方向に行かずに焦っています。
私もそうでしたから良く分かります。


バック駐車でハンドルの回し方は特に重要です。
ハンドルの回し方の3つのポイントを理解できれば、
バック駐車は簡単に克服できます。
car handle-2094312_640

ハンドルの回し方が分からなくなる原因


ハンドルの回し方が分からなくなる主な原因は3つです。
回す速度、車の曲がる向きとの関係、車の向きの確認の仕方です。

ハンドルを速く回し過ぎる


教習所では手を交差させてハンドルを回す、
「クロスハンドル」という回し方しか教えていません。


クロスハンドルは早く回すことができますが、
バック駐車(あらゆる駐車でも同様)では、
そんなに早く回す必要がありません。


むしろ早く回し過ぎるので、
間違った方向へ余計に動かしてしまうのです。

ハンドルの方向と曲がる方向の関係が分からない


ハンドルを回す方向と車が曲がる方向の関係が、
前に進む時は分かるのに、
バックする時になると混乱してしまうのです。


後ろ向きに進むと、
前に進む時とは違うような錯覚に陥ります。


車を曲げたい方向と逆の方向へ、
ハンドルを思いっきり回していたりします。

車体の向きの確認が出来ない


車が思い通りの位置や向きでないことに、
気がつくことが遅いから、
修正することも遅れます。


間違った瞬間に気がつけば、
直ぐに修正が出来ます。


ハンドルを回した結果の反応が、
即確認できないから駐車に時間がかかるのです。


ハンドル回し方と車の向きの確認


無駄な時間をかけずにスームーズにバック駐車するために、
原因になった3つの問題を解決しましょう。

ハンドルの方向と曲がる方向


ハンドルの回す方法と、
車が曲がる方向は、
前進でもバックでも同じです。


左にバックしたければ、
ハンドルも左に回します。
右にバックしたければ、
ハンドルも右に回します。


前進もバックもハンドルを回す方向は同じです。

BlogPaint


車体の向きの確認


車体が今どちらを向いているかを確認するには、
主に3つの方法があります。


1つは正面のフロントガラス越しの景色と、
自分の車の前部とのバランスで感じ取れます。


車の前部のラインと前の景色との対比で、
真っすぐになっているか傾いているか確認できます。


フロントガラス越しの向きの調整は、
駐車スペースへ入り切った直後に行うと良い方法です。


2つ目は隣の車との並びの空間のバランスで感じ取ります。
しかしこれは微妙な差異なので一番判断が難しい方法です。
この方法はおすすめできません。


3つ目はサイドミラーに映る境界線と車との対比です。
境界線と平行になっているかどうかで判断できます。


サイドミラーから境界線を確認するのが、
最も正確に車の傾きを判断できるので、
車の向きを調整するのはこの方法を使います。


車が駐車スペースに入り切って直ぐに、
フロントガラス越しの景色と車の前部を見比べて、
車の傾きを真っすぐに戻します。


その後はサイドミラーを見ながら、
境界線と車のラインを平行に保ちながら、
微妙な間隔を調節しながらバックしていきます。


ハンドルの遅い回し方


ハンドルを速く回転させてしまうクロスハンドルではなく、
「送りハンドル(プッシュプルハンドル)」を使います。


送りハンドルは車が低速で曲がる場合に用いると、
ゆっくりしたハンドルの回転によって、
車の曲がる速度も抑えられるので安全性が増します。


送りハンドルのやり方は、
片手で送り(プッシュ)、
反対側の手で引く(プル)動作で行います。


(出典:『【初めての運転】 プッシュプル(送り)ハンドル操作方法 AT/MT車』by YouTube)

プッシュとプルはどちらが先でも後でも構いません。
やりやすい方で行ってください。

両手を交差させないので、
一遍に大きく回転することがありません。


送りハンドルは安全を確認しながら曲がるために有効です。
左折や右折の時にも安全を確認しながら曲がることが出来ます。

車の傾きをハンドルを見て判断しない


最後にハンドル操作が苦手な人の欠点を指摘します。


車の傾きをハンドルの傾きを見て判断しようとすることです。

ハンドルを10時10分、9時15分になるように、
ハンドルの向きに気を取られていると、
ますます車が思わぬ方向へ曲がってしまいます。

BlogPaint



バック駐車の基本は、
あくまでもサイドミラーの確認ですが、
車の向きを最初に真っすぐにするのに、
フロントガラス越しに前の景色を確認することが有効です。


ハンドルの向きで車を真っすぐにしようとしないで、
フロントガラスから見つめたまま、
手元のハンドルは見ずに送りハンドルで車の向きを調節します。


決してハンドルは見ない。
駐車スペースに入ったら先ず正面の景色を見て真っすぐにする。
あとはサイドミラーで境界線と平行にバックします。
ハンドルは送りハンドルです。



正面の景色で傾きが判断できない内は、
サイドミラーだけに集中しましょう。

慣れてきたら以下の手順がバック駐車の理想的な手順です。

  1. 内側のサイドミラーで境界線(の延長ライン)をめがけて内側後輪を近づける。

  2. 境界線上(の延長ライン上)に来たら車を曲げる。

  3. 駐車スペースに内外の後輪が入ったら正面の景色を見て車を真っすぐにする。

  4. 内側サイドミラーを見ながら境界線と平行にバックして行く。


ハンドル操作は終始送りハンドル(プッシュプルハンドル)です。

次の動画は一連の流れが分かりやすく確認できます。


(出典:『初心者でもできるバック駐車のコツ【超簡単】ミラーとハンドル操作 駐車の達人』by YouTube)

おすすめのポイントは、

最後の部分で、
正面の景色、つまり対面する駐車スペースのラインと、
自分の車のフロント部分が平行になるように確認するところです。

ハンドルを見て車の傾きを確認しません。
正面の景色とサイドミラーで判断します。

つまり、
ハンドルから目を話せ!です。

↑このページのトップヘ