バック駐車が苦手から得意になった30代主婦のメモ

バック駐車が苦手だった30代主婦が運転が得意になったコツのメモ

カテゴリ: コンパクトカー

時速35㎞以下で走った直近の50mのルートを記憶して、自動操縦でバックで戻ることが出来るという「リバース・アシスト」って、便利なのでしょうか?

BMWの1シリーズをバック駐車で車庫入れするのに必要な道路幅(通路幅)を調べてみました。

BMW-The1
(参照:https://autoc-one.jp/bmw/1_series/report-5004756/)

BMW1シリーズのサイズ

サイズは、1シリーズ118i,118i Playを参照しました。他のグレードの118i M Sport,M135i xDriveとのサイズ的な違いはトレッドの数値が僅かにことなるだけです。

項目サイズ
全長4,335mm
全幅1,800mm
全高1,465mm
ホイールベース(前後の車軸中心間の距離)2,670mm
トレッドF/R(左右のタイヤの中心間の距離)1,565/1,565mm
最小回転半径(最小回転時の外側前輪の円軌道半径)5.7m
*オーバーハングF/R(車軸中心とバンパー端間の居地)*832.5/832.5mm

*オーバーハングの正確な数値は不明なので、前後均等に想定しました。

 BMW-The1-1

バック駐車で車庫入れするのに必要な道路幅

車庫のスペースは間口2.5m、奥行き5mで想定します。直角バック1回で車庫入れ出来る道路幅(通路幅)を割り出します。

最小回転半径の軌道を15度毎に90度描いてみます。

BMW-The1-2

 

車庫の中心か4.253らmの離れて後輪を置き、車庫の入り口の水平ラインから1.849m車体側面を離した位置から直角バックを行うと、4.726mを超える道路幅(通路幅)であれば、1回で車庫入れが可能と考えられます。

前向き駐車で車庫入れする場合は

バック駐車との比較のために、前向きで車庫入れする場合を見てみます。どの位余計にスペースが必要になるでしょうか?ドアミラーの分25㎝を考慮します。

BMW-The1-3

 

前向き駐車で1回に車庫入れするには8.325mを超える道路幅(通路幅)が必要です。現実的には、これほど広い場所は難しいので、切り返しを何回かする必要が出てきます。

「リバース・アシスト」の使い道として、「間違って一方通行の道に入り込んでしまった時や、先が細くて通れない道に迷い込んだ際に、進入したルートをそのままバックして脱出する」という使い方があります。

 


(出典:『【詳細情報】新型BMW 1シリーズ 見どころTop10』by  carwow 日本語 in YouTube)

クリーンディーゼルの車って、一度は乗ってみたい気もします。

フォルクスワーゲンゴルフ(Volkswagen Golf)を購入した場合、家の車庫にバック駐車で1回で入れるには、どの位の道路幅なら大丈夫なのか調べてみました。

Volkswagen-golf
(出典:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17296428)

フォルクスワーゲンゴルフのサイズ

参照したサイズは「Golf TDI Comfortline」です。他のゴルフのタイプとは、トレッドの違いのみです。

項目サイズ
全長4,265mm
全幅1,800mm
全高1,480mm
ホイールベース(前後の車軸中心間の距離)2,635mm
トレッドF/R(左右のタイヤの中心間の距離)1,545/1,515mm
最小回転半径(最小回転時の外側前輪の描く円の半径)5.2m
*オーバーハングF/R(車軸中心からバンパー端までの距離)*815/815mm

*車体側面図を見ると、前の方が後ろよりオーバーハングが少し大きく見えますが、正確な寸法データは不明でしたので、前後均等に割り振りました。

Volkswagen-Golf-1

バック駐車で車庫入れするのに必要な道路幅

車庫のスペースは間口2.5m、奥行き5mで想定します。直角バック1回で車庫入れ可能な道路幅を調べることで、最小限の必要な道路幅と考えます。

 Volkswagen-Golf-2
車庫の中心から3.710m離して後輪を置き、車庫の入り口のラインから1.451m車体側面を離して直角バックをすると、4.399mを超える道路幅であれば、1回で車庫入れが可能と考えられます。

前向き駐車1回で車庫入れするには?

参考までに前向きに1回で車庫入れする場合も見てみます。バック駐車に比べてどれだけスペースが必要になるのかが分かります。

Volkswagen-Golf-3
ドアミラーの分を25㎝避けて、7.785を超える道路幅がないと、前向き駐車を1回で行うのは不可能です。普通の道路や駐車場では何回かの切り返しが必要になります。

 


(出典:『【ゴルフ TDI】待望のディーゼル追加。走り痛快でした[clicccar公式 第2チャンネルです]』by clicccar TV in  YouTube)

ホンダフィットは魅力の多いコンパクトカーですが、二人で車中泊するのに適した車のように感じます。

運転席と助手席を倒せば、後ろの座席の高さまでフラットに出来ます。後ろの座席を前に倒せば完全にフラットな広い荷台空間になります。このサイズの車で自転車やサーフボードを積める広さです。

遮熱や紫外線カットのガラスを使っているので、厚い日差しの中をドライブするのも快適です。

Honda SENSINGの装備したタイプを選べば、長距離ドライブの安全性も高まります。前の車に自動追尾したり、車線からはみ出すのを感知したり、衝突を予測してブレーキを掛けたり、長旅の疲れをカバーしてくれます。ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるのも便利です。

夫婦二人で、こんな車に乗って全国を車中泊で旅するのも、私の憧れの一つです。今回はホンダフィットが、家の車庫にバック駐車するのに必要な通路幅(道路幅)は、最小でどのくらい必要なのか検討してみました。

HONDA FIT
<出典画像:『HONDA FIT』http://o.aolcdn.com/commerce/autodata/images/USC60HOC081A121001.jpg>

ホンダフィットのボディサイズ

選んだのはHYBRID-S Honda SENSING のFF(燃費は31.8km/Lで乗車定員は5名)と、HYBRID-L Honda SENSING のFF(燃費は34.0km/Lで乗車定員は5名)の2つのタイプです。ボディサイズや最小回転半径が異なるので、どの位の差があるかを見たいためです。価格や燃費だけでなく、小回りで選択する場合もあるでしょう。

HYBRID-S Honda SENSING (FF)の寸法

HONDA-FIT寸法図

<出典画像:『FIT HYBRID-S Honda SENSING寸法図』https://www.honda.co.jp/Fit/common/pdf/fit_spec_list.pdf

項目サイズ等
全長4,045mm
全幅1,695mm
全高1,525mm
ホイールベース(前輪と後輪の車軸中心間の距離)2,530mm
トレッド(内側と外側タイヤの中心間の距離)1,475/1,465mm(F/R)
最小回転半径(最小で回転した時の前輪外側タイヤの軌跡の半径)5.2m

HYBRID-L Honda SENSING (FF)の寸法

項目サイズ等
全長3,990mm
全幅1,695mm
全高1,525mm
ホイールベース(前輪と後輪の車軸中心間の距離)2,530mm
トレッド(内側と外側タイヤの中心間の距離)1,480/1,470mm(F/R)
最小回転半径(最小で回転した時の前輪外側タイヤの軌跡の半径)4.9m

全長、トレッド、最小回転半径の違いが、バック駐車に必要な通路幅に、どの位の差になって表れるのでしょうか?

バック駐車に必要な通路幅

HYBRID-S Honda SENSING (FF)の通路幅

先ず、最小回転半径が5.2mのHYBRID-S Honda SENSING (FF)の方から見てみます。

fit-hs-1

1回で直角バック(直角駐車)出来るために必要な通路幅を出してみます。一般的なバック駐車に必要な通路スペースを見る場合にも、直角バックのスペースを見る事で代用できます。なぜなら、一般的な車を45~60度位に傾けるバック駐車は、直角バックの途中の工程だからです。直角バックが出来ることはすなわち、一般的なバック駐車も出来るのです。

駐車スペースの大きさを、間口2.5m、奥行き5mで想定しています。

fit-hs-2

通路幅が約4.2m(4.231m)以上であれば、1回で直角バックが可能です。この想定が、一般的な車を傾けるバック駐車のスペースを見るのに有効なのは、60度と75度の工程を抜き出して見ると分かります。

fit-hs-3

60度と75度を通路上に抜き出して見ました。一般的なバック駐車では、通路を左の方から駐車スペースに寄せながら進入して来て、左にハンドルを切り、45度から60度の角度に傾けます。ここから、最小回転半径の軌道に沿ってバックしていけばバック駐車が完了します。

この様に、バック駐車の必要なスペースを考察する時に、直角バックのスペースが可能ならば、一般的なバク駐車も可能なスペースと言えます。

ただし、一般的なバック駐車では最小回転半径の円軌道をバックしていくやり方と、直線的に入り口まで接近して、入り口の角(ピボットエリア)を基点に回転するというやり方もあります。離れた位置から最小回転半径の円軌道に乗せるのは難しいので、直線的に入り口までバックする方法の方が成功する確率は高くなります。

HYBRID-L Honda SENSING (FF)の通路幅

次に、最小回転半径が4.9mのHYBRID-L Honda SENSING (FF)の場合を見てみます。

fit-hl-1

全長、トレッド、最小回転半径の違いが通路幅の変化にどの位の影響を与えるでしょうか?

fit-hl-2

減少した通路幅は、4.231m-4.027m=0.204mで、約20㎝狭くても直角バックが可能になります。20㎝の差を小さいとみるか大きいと見るかは、通路幅の狭い車庫か広い車庫かで変わってくるでしょう。

一般的なバック駐車のイメージも、通路を左から進入して来て、60度以降の軌道に乗せるように車を傾け配置すれば1回で成功できます。

fit-hl-3

通路が狭くなると、一般的なバック駐車では、車を傾ける角度が取れなくなっていきます。この図でいうと、45度より立てようとすると通路のスペースが足りなくなります。通路が狭くなる程、一般的なバック駐車より、直角バックの方が駐車しやすくなっていきます。

fit-hl-4

この図の場合、一般的な駐車のやり方で、通路を左から進入して来て、この45度の位置に車を傾けるの非常に困難です。

通路が狭い場合には、スタート地点さえ判断できれば、直角バックで駐車する方が楽になります。フィットの場合、車の前輪が目的の駐車スペースの2つ先の駐車スペースの奥のラインに来た辺りに、入り口のラインから車体を約1.2m(HYBRID-L Honda SENSING (FF))または約1.5m(HYBRID-S Honda SENSING (FF))離れて配置すれば、1回で直角バックできます。

↑このページのトップヘ