バック駐車が苦手から得意になった30代主婦のメモ

バック駐車が苦手だった30代主婦が運転が得意になったコツのメモ

カテゴリ: SUV

(photo出典:『wikipedia』トヨタ・RAV4(5代目2018年~))

トヨタのSUV、RAV4(5代目2018年~)の、駐車に必要な道路・通路幅はどのくらいになるか、メーカの諸元表資料を基に、CAD上で検討してみました。

5代目RAV4の車体サイズは2種類のタイプに分かれています。今回はそれぞれのタイプの中から、2.5LハイブリッドのAdventureとG,Xを比較しています。

(*オーバーハング寸法の情報がありませんでしたので、前後均等に仮定しています。駐車スペースの寸法は一般的な2.5mx5.0mと3.0mx5.0mで想定しています。)

5代目RAV4の車体寸法(単位mm)

項目Adventureの寸法G,Xの寸法
全長4,6104,600
全幅1,8651,855
全高1,6901,685
ホイールベース2,6902,690
トレッド(F/R)1,595/1,6151,605/1,625
最小回転半径5,7005,500

駐車場の間口、奥行きの寸法によって駐車に必要な道路・通路幅は違ってきます。商業施設などで一般的な2.5mx5.0と3.0mx5.0mの2種類の間口の場合について検討してみます。

5代目RAV4 Adventureの駐車場の駐車に必要な道路・通路幅

間口2.5mの駐車場の場合

トヨタのSUV、RAV4 Adventureの間口2.5mの駐車場の駐車に必要な道路・通路幅

間口2.5mの駐車場の場合、RAV4 Adventureを切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.887m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約4.227m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を1.862m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせずに一回で行うには、8.313m以上のスペースが必要です。

間口3.0mの駐車場の場合

トヨタのSUV、RAV4 Adventureの間口3.0mの駐車場の駐車に必要な道路・通路幅

間口3.0mの駐車場の場合、RAV4 Adventureを切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.454m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約4.227m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を約1.429m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせずに一回で行うには、7.833m以上のスペースが必要です。

間口2.5mと3.0mの場合の差(単位mm)

駐車方法間口2.5m間口3.0m
バック駐車4,8874,454433
前向き駐車8,3137,833480

切り返しせずに駐車する場合、間口2.5mと間口3.0mでは、バック駐車で43cm、前向き駐車で48cm以上の必要な道路・通路幅の差があります。

5代目RAV4 G,Xの駐車場の駐車に必要な道路・通路幅

間口2.5mの駐車場の場合

トヨタのSUV、RAV4 G,Xの間口2.5mの駐車場の駐車に必要な道路・通路幅

間口2.5mの駐車場の場合、RAV4 G,Xを切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.744m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約3.994m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を1.686m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせずに一回で行うには、8.085m以上のスペースが必要です。

間口3.0mの駐車場の場合

トヨタのSUV、RAV4の間口3.0mの駐車場の駐車に必要な道路・通路幅

間口3.0mの駐車場の場合、RAV4 G,Xを切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.311m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約3.994m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を約1.253m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせずに一回で行うには、7.628m以上のスペースが必要です。

間口2.5mと3.0mの場合の差(単位mm)

駐車方法間口2.5m間口3.0m
バック駐車4,7444,311433
前向き駐車8,08517,628457

切り返しせずに駐車する場合、間口2.5mと間口3.0mでは、バック駐車で43cm、前向き駐車で45cm以上の必要な道路・通路幅の差があります。

5代目AdventureとG,Xとの差(単位mm)

駐車方法・間口AdventureG,X
バック駐車
間口2.5m4,8874,744143
間口3.0m4,4544,311143
前向き駐車
間口2.5m8,3138,0851262
間口3.0m7,8337,628205

バック駐車ではG,Xの方が143mm優位、前向き駐車ではG,Xの方が205mm~262mm優位という結果です。

(photo出典:『Wikipedia』5代目フォレスター(2018年~))

スバルのSUVフォレスター(5代目2018年~)の、駐車に必要な道路・通路幅はどのくらいになるか、メーカの諸元表資料を基に、CAD上で検討してみました。

(*オーバーハング寸法の情報がありませんでしたので、前後均等に仮定しています。駐車スペースの寸法は一般的な2.5mx5.0mと3.0mx5.0mで想定しています。)

5代目フォレスターの車体寸法(単位mm)

項目寸法
全長4,640
全幅1,815
全高1,715 1,730
ホイールベース2,670
トレッド(F/R)1,565/1,570
最小回転半径5,400

駐車場の間口、奥行きの寸法によって駐車に必要な道路・通路幅は違ってきます。商業施設などで一般的な2.5mx5.0と3.0mx5.0mの2種類の間口の場合について検討してみます。

間口2.5mの駐車場の駐車に必要な道路・通路幅

スバルのSUVフォレスター間口2.5mの駐車場の駐車に必要な道路・通路幅
間口2.5mの駐車場の場合、フォレスターを切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.649m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約3.911m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を1.605m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせずに一回で行うには、7.971m以上のスペースが必要です。

間口3.0mの駐車場の駐車に必要な道路・通路幅

スバルのSUVフォレスター間口3.0mの駐車場の駐車に必要な道路・通路幅

間口3.0mの駐車場の場合、フォレスターを切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.216m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約3.911m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を約1.172m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせずに一回で行うには、7.520m以上のスペースが必要です。

間口2.5mと3.0mの場合の差(単位mm)

駐車方法間口2.5m間口3.0m
バック駐車4,6494,216433
前向き駐車7,9717,520451

切り返しせずに駐車する場合、間口2.5mと間口3.0mでは、バック駐車、前向き駐車ともに40cm以上の必要な道路・通路幅の差があります。

(photo出典:『Wikipedia』初代CX-3(2015年~))

マツダのSUV、CX-3,CX-30,CX-5,CX-8の、駐車に必要な道路・通路幅はどのくらいの違いがあるか、メーカの諸元表資料を基に、CAD上で比較検討してみました。

(*オーバーハング寸法の情報がありませんでしたので、前後均等に仮定しています。駐車スペースの寸法は一般的な2.5mx5.0mで想定しています。)

CX-3,CX-30,CX-5,CX-8の車体寸法(単位mm)

項目CX-3CX-30CX-5CX-8
全長4,2754,3954,5754,900
全幅1,7651,7951,8451,840
全高1,5501,5401,6901,730
ホイールベース2,5702,6552,7002,930
トレッド(F/R)1,525/1,5201,565/1,5651,595/1,5951,595/1,600
最小回転半径5,3005,3005,5005,800

<参考モデル> CX-3:初代(2015年~) CX-30:初代(2019年~) CX-5:2代目(2017~) CX-8:初代(2017~)

現行モデルのCXシリーズは、車体サイズの小さい順では、CX-3,CX-30,CX-5,CX-8となります。他にMX-30という車種もありますが、これはサイズ的にはCX-30と全高が10mm高いだけの違いになりますので参考になると思います。

CX-3の駐車に必要な道路・通路幅

マツダのSUV,CX-3の駐車に必要な道路・通路幅

CX-3を切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.421m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約3.872m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を1.552m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせずに一回で行うには、7.598m以上のスペースが必要です。

CX-30の駐車に必要な道路・通路幅

マツダのSUV,CX-30の駐車に必要な道路・通路幅

CX-30を切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.487m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約3.804m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を1.517m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせずに一回で行うには、7.699m以上のスペースが必要です。

CX-5の駐車に必要な道路・通路幅

マツダのSUV,CX-5の駐車に必要な道路・通路幅

CX-5を切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.725m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約3.994m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を1.681m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせずに一回で行うには、8.063m以上のスペースが必要です。

CX-8の駐車に必要な道路・通路幅

マツダのSUV,CX-8の駐車に必要な道路・通路幅

CX-8を切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.999m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約4.208m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を1.835m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせずに一回で行うには、8.568m以上のスペースが必要です。

CX-3,CX-30,CX-5,CX-8の駐車に要する道路・通路幅の比較(単位mm)

駐車方法CX-3CX-30CX-5CX-8
バック駐車4,4214,4874,7254,999
前向き駐車7,5987,6998,0638.568

(photo出典:『Wikipedia』3代目エクストレイル(2013年~))

日産のSUVエクストレイルの2022年2月現在の現行モデル(3代目2020年~)の、駐車に必要な道路・通路幅はどのくらいになるか、メーカの諸元表資料を基に、CAD上で検討してみました。

(*オーバーハング寸法の情報がありませんでしたので、前後均等に仮定しています。駐車スペースの寸法は一般的な2.5mx5.0mで想定しています。)

3代目エクストレイルの車体寸法(単位mm)

項目寸法
全長4,690
全幅1,820
全高1,740
ホイールベース2,705
トレッド(F/R)1,575/1,575
最小回転半径5,600

現行モデルのエクストレイルは、ガソリン車、ハイブリッド車を問わず、どのグレードも車体サイズ、最小回転半径は同じます。(一部全高の違いがあります)

3代目エクストレイルの駐車に必要な道路・通路幅

日産のSUVエクストレイルの駐車に必要な道路・通路幅

エクストレイルを切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.791m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約4,115m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を1.757m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせずに一回で行うには、8.209m以上のスペースが必要です。

トヨタ4代目ハリアーとの比較

トヨタのハリアーには最小回転半径が5.5mと5.7mの2種類のタイプがあります。その2種とエクストレイルを比較してみます。

⇒「トヨタのSUV4代目ハリアーの駐車に必要な道路・通路幅は?」

駐車方法ハリアー(5.5m)ハリアー(5.7m)エクストレイル
バック駐車4.7684.9084,791
前向き駐車8.1668.3718,209

日産のエクストレイルの最小回転半径が5.6mなので当然かもしれませんが、トヨタのハリアーの最小回転半径5.5mと5.7mのタイプの丁度中間の数値です。

駐車スペースの観点からいえば、トヨタのハリアーの方が選択肢は多いです。

(photo出典:『Wikipedia』4代目ハリアー(2020年~))

トヨタのSUVハリアーの2022年2月現在の現行モデル(4代目2020年~)の、駐車に必要な道路・通路幅はどのくらいになるか、メーカの諸元表資料を基に、CAD上で検討してみました。

(*オーバーハング寸法の情報がありませんでしたので、前後均等に仮定しています。駐車スペースの寸法は一般的な2.5mx5.0mで想定しています。)

4代目ハリアーの車体寸法(単位mm)

項目寸法
全長4,740
全幅1,855
全高1,660
ホイールベース2,690
トレッド(F/R)1,605/1,625
最小回転半径5,500/5,700

現行モデルのハリアーは、車体サイズは同じで、最小回転半径が5.5mと5.7mの2種類のタイプがあります。それぞれのタイプについて検討してみます。

4代目ハリアーの駐車に必要な道路・通路幅

最小回転半径が5.5mのタイプ

トヨタのSUVハリアー(最小回転半径5.5m)の駐車に必要な道路・通路幅
最小回転半径5.5mのタイプのハリアーを切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.768m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約3.994m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を1.686m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせず一回で行うには、8.166m以上のスペースが必要です。

最小回転半径が5.7mのタイプ

トヨタのSUVハリアー(最小回転半径5.7m)の駐車に必要な道路・通路幅
最小回転半径5.7mのタイプのハリアーを切り返しせずに一回でバック駐車を行うには、4.908m以上のスペースが必要です。

直角(90度)駐車する場合のスタート位置の目安は、駐車目標の中心から約4.222m前に後輪、駐車目標入り口の水平ラインから車体側面を約1.853m離した位置になります。

また前進駐車を切り返しせず一回で行うには、8.371m以上のスペースが必要です。

最小回転半径5.5mタイプと5.7mタイプとの差(単位mm)

駐車方法5.5mタイプ5.7mタイプ
バック駐車4,7864,908122
前向き駐車8,1668,371205

バック駐車で約12cm、前向き駐車で約20cmの差があります。

↑このページのトップヘ