バック駐車が苦手から得意になった30代主婦のメモ

バック駐車が苦手だった30代主婦が運転が得意になったコツのメモ

カテゴリ: 車庫入れに必要な道路幅(通路幅)

「私の乗ってるのイタリア車だけど、何か?」なんて一度は言ってみたい。高級ブランドのイメージがあるイタリア車SUVが300万円で現実のものになります。

外観は私の好みではありませんが、フロントマスク、特に大きな印象を受けるヘッドライトを中心に可愛い顔をイメージします。夜間に点灯するとなお一層その感を強くします。

それより興味を惹かれたのが、ATとMTの中間のような「デュアロジック」というシフトチェンジの仕組みを選べることです。

もちろん通常のAT操作もできますが、切り替えて、MTのように手動でギアチェンジの感触を味合う方法も選べるのです。

クラッチペダルでギアを切ったりつないだりする操作をしなくても、ローギアで車をゆっくり発進させ、一瞬間をおいてセカンドに入れてから引っ張り、再び間をおいてサードに入れる、みたいなマニュアル車のギアチェンジを楽しむことができます。

ローとかセカンド、サード、フォース、トップというような区切りではなく、「+」と「-」の2つだけで、シフトアップ、シフトダウンをしていく仕組みです。クラッチ操作もないので簡単ですが、ギアの区切りを境に、アクセルを踏み込んでから一瞬離すといったマニュアル車のつなぎ方は必要なようです。面白いですよね。

フィアット500Xが、バック駐車で車庫入れするのに必要な道路幅(通路幅)を調べてみました。
FIAT-500X

(出典:https://kakaku.com/item/K0000815885/)

フィアット500Xのサイズ

項目サイズ
全長4,280mm
全幅1,795mm
全高1,610mm
ホイールベース(前後の車軸の中心間距離)2,570mm
トレッドF/R(左右輪の中心間距離)1,545mm
最小回転半径(最小回転した時の外側前輪の円軌道半径)5.5m
*オーバーハングF/R(車軸中心とバンパー端間の距離)*855mm振り分け

*オーバーハングの寸法データは不明でしたので、全長からホイールベースを引いた値を2等分し、前後のオーバーハングとして振り分けました。

FIAT-500X-1

バック駐車で車庫入れするのに必要な道路幅

直角バックに必要な道路幅(通路幅)を求めます。一般的な車を斜めに傾けて行うバック駐車も、直角バックの一つの通過点に過ぎません。

そういう考え方から、直角バックが可能な最小の道路幅(通路幅)が、いわゆるバック駐車に最低限必要な道路幅(通路幅)に相当すると言えます。

想定する車庫(駐車スペース)は、標準的な間口2.5m、奥行き5mとしました。


FIAT-500X-2

 

車庫の中心4.090mの位置に後輪を置いて、車庫の入り口のラインから1.727m車体側面を離して直角バックをした場合、4.584mを超える道路幅(通路幅)であれば1回で車庫入れが可能です。

一般の駐車場で直角バックをしたい場合には、運転席から見て、駐車したいスペースの2つ先と3つ先の駐車スペースの境界線が、運転席の横に来た辺りがスタート地点の目安になります。

 

前向き駐車を1発でするために必要な道路幅

バック駐車に比べて、前向き駐車がどの位余計に道路幅(通路幅)が必要なのかも見ておきましょう。バック駐車の方が前向き駐車よりやりやすく感じるのを数字的に再確認できます。

(出典:『【フィアット500X試乗】新エンジンの投入でより上質となったコンパクトSUV 【読み上げてくれる記事】』by clicccar in YouTube)

 

メルセデス・ベンツの初めてのコンパクトSUVのGLAクラス。GLA220 4MATICとGLA250 4MATICがバック駐車で車庫入れする場合に必要な道路幅(通路幅)を調べてみます。

メルセデス・ベンツの豊富な安全機能は運転の負担を軽減してくれます。たとえば、ディストロニックプラスという、レーダーによって先行車との安全な車間距離を維持する機能のお陰で、苦手な高速走行の不安が軽くなったという人もいます。

また停車時のHOLD機能で、信号待ちが楽になったという人も。一度停車したら、ブレーキペダルを奥まで踏むとHOLD機能が作動して、足を離しても車は停まったままうごきません。坂道でも下がりません。

こういう高機能の車に慣れると、普通の車には戻れなくなるのでしょうね。

 Benz-GLA220
(出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gla/gla-suv/explore.html)

メルセデス・ベンツGLA180,GLA220,GLA250のサイズ

項目/タイプ別サイズGLA180GLA220GLA250
全長4,430mm同左同左
全幅1,805mm同左同左
全高1,505mm同左1,510mm
ホイールベース2,700mm同左同左
トレッドF/R1,545mm1,555/1545mm1,560/1,545mm
最小回転半径5.7m同左同左
オーバーハングF/R920mm/810mm同左同左

珍しくオーバーハングの寸法データが提供されていました。車軸からバンパーの端までの距離です。前部が920㎜、後部が810㎜です。

BENTS-GLA-4

GLA220 4MATICとGLA250 4MATICのサイズの違いは全高だけなので、回転の大きさは共通ですから、どちらの車種も車庫入れに必要な道路幅(通路幅)は共通です。GLA180も、トレッドが多少ことなるだけで、GLA220、GLA250と他のサイズは同じなので、同様に考えて良いでしょう。

GLAクラスには他に受注生産のMercedes-AMG GLA45 4MATICがあります。サイズ的に異なるのは全長が3㎝長い(4,460mm)のと、全高が1,500mm、トレッドが1,560mm/1,560mmとちょっと広くなっています。車庫入れに必要な道路幅(通路幅)は多少広くなるはずですが、正確なオーバーハングのデータがないので比較はしないでおきます。

バック駐車の車庫入れに必要な道路幅

 車庫のスペースは間口が2.5m、奥行きを5mで想定しました。

BENTS-GLA-1


BENTS-GLA-2

車庫の中心から4.242mのところに後ろタイヤを置き、車庫の入り口のラインから1.843m車体側面を離して直角にバック駐車を開始する場合、4.794mを越えた道路幅(通路幅)があれば車庫入れが可能です。

前向きに1回で駐車するのに必要な道路幅

参考までに、前向き駐車で車庫入れする場合には、どの位の道路幅(通路幅)が必要か見てみます。

BENTS-GLA-3

1回の前向き駐車で車庫入れしようとすれば、8.462mを超えるスペースが必要になります。こんなに広い駐車場や道路は普通はありえません。前向き駐車では、何度も切り返しをしなければならないので、バック駐車に比べてやりにくく感じる原因です。

「コンパクトなのにボリューム感がある」SUV。赤のGLAもカッコイイ。


(出典」:『【4K画質】メルセデス・ベンツ認定中古車 新型GLA 220 4MATIC』by 認定中古車. COM in YouTube)

軍用車のゴツゴツした雰囲気を、モダンなスポーティさで覆い隠したようなSUVです。

ゴツゴツした乗り心地を不快に思う人には、魅力を感じるのは難しいかも知れません。また、街乗りだけで通勤に使うような車でもありません。

燃費とか考えずに、豊富なパーツで自分だけのカスタムカーに仕上げていきながら、ライフスタイルに変化をもたらせたいと願う人達のためのSUVです。

自然の中の道を、ハンドルから伝わる地面とタイヤの接地感や振動を楽しむ車です。80リットルのガソリンタンクを満タンにして、週末に都会から離れた自分の場所へ飛び出して行く車です。

Jeep Wrangler(ジープラングラー)には、2ドアと4ドアの大きさの異なるタイプがあります。今回は、小さなサイズのSportと大きなUnlimited Sportの2つのタイプで、バック駐車で車庫入れする場合に必要な道路幅(通路幅)の比較をしてみます。

 Jeep-Wrangler-UnlimitedSport
(出典:https://www.lionheart2005.com/archives/6983/)

Jeep WranglerのSportとUnlimited Sportのサイズ

項目SportUnlimited Sport
全長4,320mm4,870mm
全幅1,895mm1,895mm
全高1,825mm1,845mm
ホイールベース(前後の車軸中心間の距離)2,460mm3,010mm
トレッドF/R(左右輪の中心間の距離)1,600/1600mm1,600/1,600mm
最小回転半径(最小回転時の外側前輪の円軌道半径)5.3m6.2m

前後のオーバーハング(Overhang)の寸法データ不明のため、前後均等に割り振りました。また、車庫のスペースは、間口2.5m、奥行き5mで想定しています。

 

Sportの車庫入れに必要な道路幅

 Jeep-Wrangler-Sport-1


Jeep-Wrangler-Sport-2

車庫の中心から3.895m離れた位置に後輪を置き、車庫の入り口のラインより1.633m車体側面を離して直角にバックした場合、4.597mを超える道路幅(通路幅)があれば一発で車庫入れが可能です。

Unlimited Sportの車庫入れに必要な道路幅

 Jeep-Wrangler-Sport-1


Jeep-Wrangler-Unlimited-Sport-2

車庫の中心から4.620m離れた位置に後輪を置き、車庫の入り口のラインより2.165m車体側面を離して直角にバックした場合、5.313mを超える道路幅(通路幅)があれば一発で車庫入れが可能です。

前向き駐車した場合の道路幅の比較

 前向き駐車で一回で車庫入れできるような広い道路(通路)は、実際にはほとんどありませんが、どのくらいのスペースが必要か見る事で、前向き駐車の「やりにくさ」が分かります。広いスペースを必要とするほど、前向き駐車での切り返しが多く必要となるからです。

Sportの場合

 Jeep-Wrangler-Sport-3

Sportが一回で前向き駐車するには、8.022mを超える道路幅(通路幅)が必要です。

Unlimited Sportの場合

 Jeep-Wrangler-Unlimited-Sport-3

Unlimited Sportが一回で前向き駐車するには、9.291mを超える道路幅(通路幅)が必要です。

まとめ

タイプ/必要な道路幅バックで車庫入れ前向きで車庫入れ
Jeep Wrangler Sport4.597m8.022m
Jeep Wrangler Unlimited Sport5.313m9.291m

小さなJeep Wranglerと大きなJeep Wranglerを選択する際の一つの材料として参考になれば幸いです。

ジープレネゲード(Jeep Renegade)は、Jeepの最小のSUVです。Jeepブランドの中で最も女性オーナーの比率が高いと言われています。ごつくて男性的なイメージのあるJeepをソフトにコンパクト化した車です。

箱型のボディのメリットは、運転席が高いので視界が広く、室内が広く感じられます。また、Jeepの4WDは雪道に強さを発揮します。都会の突然の降雪時にも安心です。

トランクがあまり広くなくて荷物が沢山積めないとか、ダッシュボードが小さいとか、細かい不満はあるかも知れませんが、イケメンの頼もしいボディーガードを連れているような気分にさせてくれるSUVです。

こういう車に乗っている女性は「普通」じゃないです。

Jeep RenegadeのLongitudeとLimitedのサイズを元に、バック駐車で車庫入れするのに必要な道路幅(通路幅)を調べてみました。

Jeep-Renegade
(出典:https://kakaku.com/item/K0000808032/)

Jeep Renegade(Longitude,Limited)のサイズ

項目サイズ
全長4,255mm
全幅1,805mm
全高1,695mm
ホイールベース(前後の車軸中心間の距離)2,570mm
トレッドF/R(左右輪の中心間の距離)1,550/1,555mm
最小回転半径(外側前輪の最小回転時の円軌道半径)5.5m

Overhang(オーバーハング)の寸法データは不明のため、前後均等に振り分けることにします。また、車庫のスペースは間口2.5m、奥行き5mで想定します。

 

バック駐車で車庫入れするのに必要な道路幅

 Jeep-Renegade-1

Jeep-Renegade-2

車庫の中心から4.100m離れて後輪を置き、車庫入り口ラインから1.737m車体側面を離して直角にバック駐車する場合、4.596mを超える道路幅(通路幅)があれば、一回で車庫入れが可能です。

 

前向き駐車で1発で車庫入れするとしたら

 バック駐車と前向き駐車の「やりにくさ」の比較は、1回で行うのに必要な道路幅(通路幅)を比較するとよく分ります。


Jeep-Renegade-3

バック駐車での道路幅(通路幅)が4.596mだったのに対して、前向き駐車では8.106mと、約1.76倍必要になります。

バック駐車と前向き駐車の技術的な難易度を同等とした場合、約1.76倍前向き駐車の方が「やりにくい」と言えます。

 

私の住んでいるところでは、タイヤチェーンやスタッドレスタイヤが必要な程の降雪は、厳冬に数回しかありません。私は両方とも装備していません。1日経てば直ぐに溶けるので、雪が降った日は車に乗らずにじっと待ちます。 しかし温暖化の影響か、突然の大雪みたいなことが多くなってきました。夏は夏で、大雨による洪水も心配な状況です。近い将来の地震とか思ったら、こういう車に魅力を感じてしまします。


(出典:『【ICE HILLS SUV Park 事前走行 Jeep Renegade】アイスヒルズ ジープ レネゲード 雪まみれ』by北海道ブブ
  in YouTube)


BMWのSUVはXシリーズで、現在X1からX7(X8のリリースの予定があるらしい)まで販売されています。アウディのSUVのQシリーズの構成とよく似ています。小から大まで取り揃えるのはドイツ人の発想なのでしょうか?

X1から順番に作られた訳ではないのに、奇数番号のX1、X3、X5、X7が、いわゆるSUVらしい無骨なデザインで、偶数番号のX2、X4、X6がリアウインドウが斜めのスポーティなクーペタイプになっていて、綺麗により分けられています。

外観デザインからSUVらしさを選ぶなら奇数番号の方がSUVだと分かりやすいですね。

アウディのQシリーズ同様、番号が大きくなるに従って、大きさも価格も上がっていきますが、バック駐車で車庫入れするのに必要な道路幅(通路幅)はどう変わるのか比較したいと思います。

 BMW-X1
(出典:https://kakaku.com/item/K0000106246/)

BMWのX1からX7までのサイズ

Element\TypeX1X2X3X4X5X6X7
全長4,455mm4,375mm4,720mm4,760mm4,935mm4,925mm5,165mm
全幅1,8201,8251,8901,9202,0051,9902,000
全高1,6101,5351,6751,6201,7701,7001,835
Wheel Base2,6702,6702,8652,8652,9752,9353,105
Tread(F/R)1,560/1,5601,565/1,5601,620/1,6351,600/1,6451,680/1,7001,640/1,7051,685/1,705
最小回転半径5.4m5.1m5.7m5.7m5.9m5.9m6.2m
Overhang(F/R)860/925*793/912865/990*882/1,013*912/1,048905/1,085*958/1,102

Overhang(オーバーハング)は車軸中心からバンパー端までの距離です。データ資料はX1、X3、X6だけしか見当たらりませんでした。そのため、その3つの比率の平均を元に、不明のデータを推量した数値が*印のものになります。

Treadとは左右のタイヤの中心間の距離です。Wheel Baseは前後の車軸の中心間の距離です。最小回転半径は、最小の回転をした時の外側前輪が描く円軌道の半径です。

各タイプには数種類のグレードがあります。今回サイズの参照したのは下記のグレードになります。

TypeGrade Name
X1 (オーバーハングデータ資料あり)xDrive20i Standard
X2xDrive18i Standard
X3 (オーバーハングデータ資料あり)xDrive20i Standard
X4xDrive30i Standard
X5xDrive35d Standard
X6 (オーバーハングデータ資料あり)xDrive35i Standard
X7xDrive35d Standard

バック駐車で車庫入れに必要な道路幅

車庫のスペースは、間口2.5m、奥行き5mで想定しました。
X1の場合

 BMW-X1-1

BMW-X1-2

車庫の中心から3.914m離れた位置に後輪を置き、車庫の入り口ラインから1.610m車体側面を離して直角バックすると、4.584mを超える道路幅(通路幅)があれば、一回のバック駐車で車庫入れが可能です。

X2の場合

 BMW-X2-1


BMW-X2-2

車庫の中心から3.563m離れた位置に後輪を置き、車庫の入り口ラインから1.356m車体側面を離して直角バックすると、4.364mを超える道路幅(通路幅)があれば、一回のバック駐車で車庫入れが可能です。

X3の場合

 BMW-X3-1


BMW-X3-2

車庫の中心から4.118m離れた位置に後輪を置き、車庫の入り口ラインから1.699m車体側面を離して直角バックすると、4.815mを超える道路幅(通路幅)があれば、一回のバック駐車で車庫入れが可能です。

X4の場合

 BMW-X4-1


BMW-X4-2

車庫の中心から4.128m離れた位置に後輪を置き、車庫の入り口ラインから1.817m車体側面を離して直角バックすると、4.967mを超える道路幅(通路幅)があれば、一回のバック駐車で車庫入れが可能です。

X5の場合

 BMW-X5-1


BMW-X5-2

車庫の中心から4.255m離れた位置に後輪を置き、車庫の入り口ラインから1.952m車体側面を離して直角バックすると、5.238mを超える道路幅(通路幅)があれば、一回のバック駐車で車庫入れが可能です。

X6の場合

 BMW-X6-1


BMW-X6-2

車庫の中心から4.298m離れた位置に後輪を置き、車庫の入り口ラインから1.976m車体側面を離して直角バックすると、5.213mを超える道路幅(通路幅)があれば、一回のバック駐車で車庫入れが可能です。

X7の場合

 BMW-X7-1


BMW-X7-2

車庫の中心から4.524m離れた位置に後輪を置き、車庫の入り口ラインから2.147m車体側面を離して直角バックすると、5.480mを超える道路幅(通路幅)があれば、一回のバック駐車で車庫入れが可能です。

まとめ

TypeExample Grade車庫入れに必要な道路幅(通路幅)単位 m
X1xDrive20i Standard 4.584m
X2xDrive18i Standard 4.364m
X3xDrive20i Standard 4.815m
X4xDrive30i Standard 4.967m
X5xDrive35d Standard 5.238m
X6xDrive35i Standard 5.213m
X7xDrive35d Standard 5.480m
一番小回りが利くのはX2になります。5mを超えるタイプを選ぶ場合は、自分の車庫の前の道路を十分に調べた方が良いですね。

↑このページのトップヘ