バック駐車が苦手から得意になった30代主婦のメモ

バック駐車が苦手だった30代主婦が運転が得意になったコツのメモ

カテゴリ: バック駐車

あなたのバック駐車はいつも真っ直ぐになっていますか?真っ直ぐだとしても、途中で右や左に無駄なハンドル操作で 方向の調節をしていませんか?

バック駐車を一発で成功させるには、最初に車を傾けるところで決まります。

駐車スペースの入り口に向けた車の後部の位置と向きがずれていると、ずれた分だけ方向を調節して、車止めに達する 前に駐車スペースに納めようと、ハンドルを左右に回す操作も複雑になりま す。

私は自分のバック駐車の癖を分析してみました。私は車を傾ける際に、外側より内側を広く取ろうとする傾向があるよ うです。

そのため、入り口に後部が入ってから、内側を狭めようと車を寄せる操作が必要になり、最初に傾けた方向とは逆の角 度に車を傾けるといった、余計なハンドル操作をしなければならなくなり ます。

車を傾けて、車の内側の後輪なり後ろの角なりを、目標にした入り口のコーナー付近に近づけます。問題はその精度で す。初めの傾け方の精度が低いと、目標への接近精度も低くなるのです。

精度の低い接近は、修正の度合いが大きいので、外から見ると車が蛇行するわけで、あまり上手なバック駐車には見え ません。私は大きな蛇行ではありませんが、無駄な操作を事前に防ぎたいのです。最後には真っ直ぐにはなっても、不満 が残ります。

この原因はどこから来るのか?改善の方法はあるのか?検討してみました。

BlogPaint

心理的な危険回避では?



BlogPaint

車の後部を駐車スペースに向けて傾ける時、その精度に影響を与える心理的要因は何かと考えると、衝突を避けようと する心理、危険を回避する心理があります。

最も大きいのは、車の後方の衝突の回避と前方の衝突の回避です。車の後方の衝突の危険性は、内側の後方の角が、駐 車スペースの隣の車や壁などと衝突する恐れです。車の前方の衝突の危険性は、外側の前方の角が、通路の向こう側の車 や壁に衝突する恐れです。

この2つの衝突の危険を回避しようとする心理な圧迫が、バック駐車のために車を傾ける精度を低くするような影響を 与えているのではないかと考えます。

内側後部の衝突回避



BlogPaint

例えば、運転席側を内側にしてバック駐車をする場合を考えてみます。駐車したいスペースを右側に見て、車を左側に 傾けますが、その傾ける位置や角度は、なんとなくではなくて、駐車スペースの入り口のコーナーを目標にするのが一般 的です。

この場合、車の右側後輪か、あるいは右側後方の角を、駐車スペースの入り口コーナーに近づけるように、最適な位置 と最適な角度になるように、車を左に傾けます。

その時意識する1つ目の心理的要因が、駐車スペースの入り口コーナー付近の車や壁への衝突です。自宅車庫の場合が 最も分かりやすいのですが、駐車スペースの境界が壁だとしたら、それだけでただの白線の境界より余計に避けようと感 じます。あるいは、となりに車が停まっている駐車場でも、車がない場合の白線だけを意識する時より警戒心は高くなり ます。

内側後部の、隣の車や壁などの障害物を避けようとする心理が、物理的に安全な距離よりも余計に離れさせようとする のではないかと推察するのです。サイドミラーは、その障害物の車や壁側に寄った方角から見た景色を写すので、余計に 近くに見えるのです。

外側前部の衝突回避



BlogPaint

運転席側を内側にしてバック駐車をする場合、もう一つ衝突を警戒するのは、助手席側の前部の角です。通路を一杯に 使って車を傾けますが、その判断は、前部の角が正面の駐車中の車や壁に、衝突しない範囲で止めることです。

バック駐車は、駐車スペース入り口に対して、垂直(90度)に近くなる程簡単になります。そのため、出来る限り通 路の幅を活かして、車を大きな角度で傾けるよう意識します。

従って、正面の障害物とギリギリまで接近することが、運転者にとっての心理的な圧迫になります。

バック駐車で意識する3つの点



BlogPaint

これまでに3つの点を意識しました。

  1. 駐車スペース入り口のコーナー
  2. 車の内側後輪または内側後部の角
  3. 車の外側前部の角

バック駐車は、この3つの点をどう意識するかで結果が決まります。中には、点ではなく面で意識する人もいるかも知 れません。例えば、入り口全体を面と捉えて、車の後部全体を面として、入り口の面の枠に車の後部の面を挿入するよう なイメージです。実は、この面の意識は私の最近の課題でもあって、まだ確信には至っていないのですが、他の記事で 「提案」として示しています。

今回の3つの点の意識は、「内側を広く取り過ぎる癖を強制する」意図がありますので、面の意識の提案とは別の試み になり、効果は未知数でまだ仮設の段階です。

3つの点が直線上に並ぶ意味



BlogPaint

先の3つの点は、前から見ると、車の助手席側の全部の角、車の運転席側の後輪または後部の角、駐車スペース入り口 のコーナーと、一つの直線上にはありません。車の中は対角線上になっています。

3つの点が直線上に並んでいないことが、心理的な混乱を起こし、その結果、車を傾ける精度を低くしているのではな いかという仮説です。無意識のレベルの深いところで、すっきりしない迷いを生じさせているのではないでしょうか?

3つの点を以下のように変えてみたらどうでしょうか?

  1. 駐車スペースの入り口の反対のコーナー
  2. 車の外側後輪または外側後部の角
  3. 車の外側前部の角

つまり、外側前部の角以外の2つの点を変えて、直線上に並ぶ3つの点にするのです。

運転席側を内側にして駐車する場合をシミュレーションすると、駐車したいスペースを右に見て通路を進んで来ます。 駐車したいスペースの前まで来たら、入り口に向かって右のコーナーを意識します。右のコーナーに、車の助手席側後輪 または後部の角を向けるように車を左側に傾けます。傾けるのを止めるのは、助手席側前部の角が、正面に駐車中の車や 壁に衝突しない範囲になります。この時、(少なくとも意識の中では)、助手席側前部の角、助手席側後輪または後部の 角、駐車スペース入り口の助手席側のコーナーと、直線上に並びます。

これまでは、助手席側前部の角は別にして、運転席側の後輪または後部の角と、運転席側の入り口コーナーの2点が直 線上になるように車を傾けていました。バラバラに点を意識して、更に近くに見える後方の衝突を回避する心理的圧迫の ために、運転席側を広く空ける傾向を生じさせたという分析です。

これに対して、外側の3点を直線状に意識した場合は、3つの点が直線上になるために、助手席側の入り口のコーナー を的にして、車の助手席側の後部角から前部角に渡った1本の矢のようなイメージが生まれます。

車の左側側面がこちら側の入り口への方向を押さえられるので、これまでのような運転席側に余分な空間を取っため に、入り口全体から車の後部全体が助手席側にずれてしまう危険性が弱まります。バック駐車で、内側の余裕を余分に取 り過ぎてしまうのを改善できます。

一般的なバック駐車は、内側の要所を重点的に意識しますが、私の今回の仮説は、内側より外側の要所を意識した方法 です。いつも内側が空き過ぎてしまう、外側に膨らみ過ぎて切り返しすることが多いという人は、一度この方法を試みて みてはどうでしょうか?私も今試していますが、中々良い結果が出ています。

4月に新しい会社に車で通うようになった25歳の女性の話です。彼女は短大を卒業した後、地元の信用金庫に努めていましたが、農業をしていた父親の介護が必要になり、畑仕事に追われる母親を手伝うため仕事を辞めました。

昨年父親が他界し、農家の仕事にも見切りをつけました。母親は家の周りに食べる分の野菜だけ作って、後はのんびり老人会のゲートボールなどで過ごしていま。

彼女の新しい就職先は金属加工の工場で、経理の仕事をすることになりました。家からは車で30分程の所で、バスの便はないので家の車で通うことになりました。

彼女の乗る車は軽自動車で、ダイハツのミライ―スというかわいい車です。他にも古い軽トラックがありますが、そちらはマニュアル車で、今では母親しか乗りません。

彼女が免許を取ったのは3年前ですが、ほとんどペーパードライバーでした。もともと運転は好きではありませんでしたが、家にいる間に取っておこうと思ったのです。

彼女の悩みは、会社の駐車場など、どこの駐車場でもそうなのですが、バックで駐車する時に、ハンドルをどちらに回せば車がどう動くとかが分からず、いつも苦労していました。

教習所で習った目印などがないので、自分で考えながら行うのですが、決まった方法が見当たらず、いつも迷いながら駐車をしていたのです。

そんな彼女が、「どっちにハンドルを回せばいいか分かった!」と、バック駐車だけでなく、縦列駐車も苦にならなくなった練習方法を見つけたのです。

ダイハツミライ―ス
<出典画像:『ダイハツ ミライ―ス』https://matome.response.jp/articles/745>

理屈では分かっていても・・・

彼女はどうしてバックになると、ハンドルをどっちに回せばいいのか分からなくなるのだろうと考えました。前に行く時は何も考えなくても、行きたい方へハンドルを自然に回すのに、後ろになると途端にこんがらがってしまうのか。

彼女も理屈では分かっていました。前進でも後退でも、行きたい方へハンドルを回せばよいことは。左後ろへ行きたければ、ハンドルも左へ回し、右後ろへいきたければ、ハンドルも右へ回すということは承知していました。

BlogPaint

しかし、いざバック駐車しようとすると焦ってしまって、頭の中が真っ白になって、どっちにハンドルを回せばいいか分からなくなって、今車がどっちに向いてるのかも分からなくなってしまうのです。

だから時間をかければ、何とかバック駐車できるのですが、その日の調子によって、仕上がりが左に曲がったり、右に曲がったりして、満足のいく駐車が出来ません。

解決するには、じっくり納得のいくまで、自分で試しながら練習を繰り返すしかないと考えました。体に覚えさせるには、どんな方法がいいのだろうかと。簡単で効果的な方法はないか、どこでも出来るような方法は?

直ぐに思いつきませんでしたが、ふと、バック駐車と縦列駐車の車の動きが重なって頭に浮かびました。

バック駐車と縦列駐車の車の動き

バック駐車の動きと縦列駐車は別々のものと思っていましたが、俯瞰して眺めて見ると共通しているように感じました。

バック駐車では先ず、車を駐車スペースの入り口にお尻を向けて傾けます。その後、入り口に向かって斜めにバックしていきます。入り口に車の後部が入ると、今度は真っ直ぐに下がっていきます。運転席を内側にしたバック駐車の場合、平仮名の「く」の字に似たルートをたどります。助手席側を内側にした場合には逆「く」の字になります。

縦列駐車はどうでしょうか?こちらも、最初左後方へバックして、車の後ろ半分ぐらいが駐車スペースに入ったら、今度は真っ直ぐ後ろへ下がります。こちらも「く」の字のルートなのが分かります。

BlogPaint

バック駐車と縦列駐車の動きを見てくると、どちらも斜めに下がった後、真っ直ぐ後ろに下がる動きになります。

ここで彼女は「ピン!」と来るものがありました。「バック駐車には、何か車を回転させるイメージがあるけど、やってることは斜めに下がって、その後真っ直ぐ下がるだけなんだ。縦列駐車も、前の車の後ろに回り込むように思っていたけど、斜めに下がってから、真っすぐに下がるだけ」と、なんだか駐車が単純に思えたのです。

縦列駐車を練習すればハンドルの動きはマスターできる!

バック駐車と縦列駐車では、主に注視するサイドミラーが逆になります。例えば運転席側を内側にしてバック駐車する場合は、運転席側のサイドミラーを主に注視します。縦列駐車の場合には、縁石に近い助手席側のサイドミラーを主に注視します(一方通行などで道路の右側に駐車する場合には逆になります)。

そのような違いがありますが、斜め後ろに車をバックさせ、あるところでハンドルを反対方向に回して車の向きを変え、真後ろのバックに切り替えるハンドル操作は似ています。

また、縦列駐車でも車の左後方と縁石の位置関係、左の縁石のラインと車の左側面の平行関係などの確認を、助手席側のサイドミラーでする操作は、バック駐車の場合と共通した操作です。

つまり、縦列駐車のハンドル操作をマスターすれば、バック駐車にそのまま応用できることになります。

彼女は内気な性格なので、用もないのに一人でスーパーなどの駐車場で練習する勇気がありませんでした。幸い近くに広くて人通りの少ない空き地があったので、空き地を囲む塀を縁石に見立てて、縦列駐車の練習をしました。

最初は塀に車を擦りそうになりましたが、ハンドルをどちらに回せば車はどちらに向かっていくのかが、感覚で分かるようになっていきました。

塀に近づく時のハンドルを回す方向、車の後部の角が塀に近づいたら、ハンドルを反対に回して車の向きを変える感覚が身に付いていきました。空き地が良かったのは、縦列駐車を左右の異なる方向から練習できたことです。

彼女のバック駐車はまだ完璧とは言えませんが、もうハンドルをどちらに回せばいいのか迷うことはなくなりました。彼女の理想のバック駐車は、1回で駐車枠のど真ん中に真っ直ぐ駐車することですが、今の彼女のバック駐車は、1回でほぼ真っ直ぐに駐車できるのですが、まだど真ん中には停められないという状態です。

運転歴6年、無事故無違反でゴールド免許の32歳の主婦がいます。彼女は駐車する時には、毎回一発で白線内に入れられるし、他の車にぶつけたりする事は一度もありません。

彼女は昼過ぎから夕方の間だけ、実家のクリーニング店を手伝っています。彼女の仕事は、仕上がった品物の配達や、店では対応できない注文を、取引先の工場へ届ける役目です。使用している車はハイエースです。

彼女の悩みは、「ハイエースだと真っ直ぐに駐車できるのに、普段乗っている軽自動車(ムーブ)だと必ず斜めになってしまう」というものです。

ハイエースの方が大きいから、ムーブよりバック駐車するのは難しそうな気がしますが、彼女にはハイエースの方が綺麗に駐車できるそうです。

これには原因があるでしょうか?

Toyota_Hiace_H200_501
<出典画像:『トヨタ・ハイエース』https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ハイエース#/media/File:Toyota_Hiace_H200_501.JPG>

ハイエースとムーブの大きさの比較

項目ハイエース(スーパーGL)ムーブ(L)
全長4,695mm3,395mm
全幅1,695mm1,475mm
全高1,980mm1,630mm
ホイールベース(前後の車軸中心間の寸法)2,570mm2,455mm
トレッド(左右のタイヤの中心間の寸法)1,470/1,465mm1,305/1,295mm
最小回転半径(最小回転時の前輪外側タイヤの描く円軌道の半径)5.0m4.4m

HiaceVan-Move-1

車の大きさの違いが、バック駐車の際に車が真っ直ぐにならないことに、どのような影響を与えているのでしょうか?

普通免許で乗れる車であるならば、運転の操作や結果に違いが出てしまうのは、そもそも運転の根本が正しくない可能性を伺えさせます。

バック駐車の操作の過程のどこかに問題があるはずです。その前にハイエースとムーブが回転した時の比較を見てみましょう。

ハイエースとムーブの回転の差

HiaceVan-Move-2

白い方がハイエースの回転の様子で、黄色がムーブです。円の中心から車体の側面までの距離の差は、2,706mm-2,261mm=445mmです。一方、車体前部の外側端が描く円の距離の差は、5,707mm-4,738mm=969mmです。

これらのことから次のことが分かりました。

  1. ハイエースは小回りが利く(中心から車体側面までの差が445mmしかない)
  2. ハイエースの外側オーバーハングが大きい(車体前部外側端の円半径の差が969mmもある)

分かりやすく言えば、両者の描く内側の円の半径の差は小さく、外側の円の半径の差は大きいのです。ハイエースはバック駐車する場合には小回りが利きますが、前向き駐車の場合には、前部のオーバーハング(前輪の車軸の中心と車体端との距離)が大きいので広いスペースが必要になります。

最小回転半径の差は、5.0m-4.4m=0.6m=600mmなのに比べて、車体内側側面の円の半径の差が445mmなのでも、ハイエースの小回りの良さを示しています。厳密に言えば、内側の小回りで、バック駐車にメリットのある性能です。逆に言えば、ムーブに比べて外側は大回りの度合いが大きいという性能です。

バック駐車する場合には、回転の内側(車体の内側)を主に注視することになります。ハイエースとムーブでは、回転の内側の半径の差が車体の長さに比べて小さいので、回転の動きに伴う難しさの差も少ないはずです。

ムーブの方が真っ直ぐ駐車しにくい原因は、回転の性能の差にはないようです。

長い線のほうが方向が分かりやすい

私が注目したのはボディの長さの違いです。特に運転席から後部までの側面の長さです。一つの目安として、前輪の中心と車体後部端との長さをひっかうすると、ハイエースが3,632mmでムーブが2,925mmです。その差は707㎜です。

HiaceVan-Move-3

サイドミラーから車体の側面と後方の端を見た時、長い方がバックして行く方向を捉えやすくなります。長い物差しの方が短い物差しより、指し示す目標への方向が分かりやすくなります。

BlogPaint

サイドミラーから見た場合には、両者の長さは見た目には大きな差を感じませんが、ハイエースの後部の端はムーブよりずっと先の位置を示しています。サイドミラーが凸レンズのため、ミラーの端に写るものを中央に集めて反射するからです。

BlogPaint

イメージとしては、ハイエースの方が、ムーブより先の方に到達しています。運転席が同じ地点にあった場合、ハイエースの方が、ムーブより先の地点を通過するのを、予測でなく車体を見て確認できるのです。

一般的なバック駐車は、車を傾けた状態で駐車スペースの入り口へ向かっていきますが、車が長いと(物差しが長いと)、駐車スペースの白線と車の側面のラインとの角度の関係で、その車の角度で入れるかどうかの判断もしやすくなります。

BlogPaint

バック駐車の工程が進んで、車が駐車スペースの枠内に入ってきた時、車が長いと車の後部が駐車枠の奥に早く到達するので、車の後方と駐車枠の奥の空きと手前の近い方の車体側面との空き、車体の奥と手前の白線との平行関係を早く確認できます。

BlogPaint

下の動画はハイエースでのバック駐車の様子です。やはり、サイドミラーからも、後方の車体と駐車枠の関係から、車の位置関係を早く察知できるのを感じ取れます。

<出典動画:『駐車の方法』YouTube>

早い方向の把握と小回りの差が少ないこと

ハイエースは長いボディの割には小回りが利くので、バック駐車の時の回転が他の大きな車に比べて小さく操作できることと、ボディーが長いことによって、サイドミラーの中で車の方向や位置を早く知ることができることの2点が、軽自動車のムーブよりハイエースの方が、真っ直ぐに駐車しやすいという現象を生むのではないかと考えられます。

ムーブのバック駐車の仕方にも問題はないか?

ハイエースで出来てムーブで出来ないのは、バック駐車の仕方にも問題があるはずです。

ハイエースで真っ直ぐに駐車できるのなら、ハイエースの駐車の仕方が正しくて(少なくとも32歳主婦の彼女にとって)、ムーブの駐車の仕方が正しくないのです。

ハイエースでは、ボディが長いために、駐車枠に斜めに向かっていく時や、枠に入ってから奥までバックしていく時に、車の側面を1本の線のようにして、駐車枠の白線と絶えず角度や距離を比較しながら操作しているはずです。

ムーブの場合には、サイドミラーに写る車の後部が近いので、車体の側面を線として見ていないのではないでしょうか?むしろ後輪を強く意識してしまって、車体がどちらに向かっていくのかの判断が、車体の側面を物差しのように使った感覚ではなく、後輪を点のように使った感覚で行っていると思われます。

BlogPaint

ムーブのバック駐車が、駐車スペースの枠の白線と、車の後輪とを目安にした、線と点の関係であるのに対して、ハイエースは長い車の側面を物差しのような線として使った、線と線の関係であることが、真っすぐに駐車できる結果になっていると推測します。

従って、彼女の場合、ムーブでもハイエースと同じように、サイドミラーの見方として、車の側面から後部に掛けてのラインを目安にして、駐車枠との角度や位置関係を確認しながらバック駐車するのが良いと思われます。

 

  • 乗り慣れない車でバック駐車すると、いつもの感覚で出来ない。
  • 駐車場によって通路幅などの条件が異なると、バック駐車が上手く出来ない。
  • 後ろで待たれていると思うと、焦ってバック駐車が下手になる。

いつもは無意識にバック駐車が出来ている人でも、車や駐車場が変わったり、急がされる状況になったりすると、上手くできなかった経験はあるはずです。

私も混んでいる駐車場などでは、いつもと違う精神状態でバック駐車している自分を感じます。

車や環境や感情に左右されるのは、バック駐車の方法が確実に安定していないからではないかと思います。バック駐車のやり方の中で、どこかに不安定な要素があるに違いありません。

ある日ふと思い当たりました。

「後輪ではなくて、車体の後ろの角を合わせるようした方が確実なのでは?」と。

バック駐車が、時と場所や状況によって安定しないと思われている人は、一度、後輪から車の後ろの角に目安を変えてみることを提案します。

auto-784000_640

見えない後輪より見える車体の角

「あなたの車、後輪が見えますか?」

side mirror-right

<出典画像:『右側サイドミラー』https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tibassyi/20160809/20160809160802.jpg

現在のバック駐車の王道は、簡単に言うと「後輪」を駐車枠の入り口のコーナーに回り込ませるようにするやり方です。

駐車枠の入り口のコーナーを中心に半径50㎝の円(ピボットエリア)を想定して、その円に後輪を通過するようにする、というのが具体的なイメージです。

しかし、後輪を目安にするのは最善ではないのではないかと疑問が湧きました。なぜなら、後輪は直接見えないか、見えにくいからです。少なくとも私の車では、左右どちらも、サイドミラーを一杯に下げても、直接後輪を見る事はできません。だいたい「あのボディーの下辺りに後輪があるだろう」と思うだけです。

side mirror left

<出典画像:『左側サイドミラー』http://wximg.mnks.cn/wximg/http://mmbiz.qpic.cn/mmbiz/gynFS6CBiadjOMQCXbscmrKG0BShxPftia25k8yAcp6Cr6gfqSVuPJq18pKxV8oVf8PttmzgNUibgD9xRsFDTGDWw/640?wx_fmt=png

車種によっては、サイドミラーを下げれば後輪が写るものがあるかも知れませんが、それでも不完全な見え方ではないかと思います。

何が言いたいかというと、駐車の度にサイドミラーの角度を下げる手間(自動で変わる車もあります。私はいちいちサイドミラーを下げるようなことはしていません。多くの人はそうだと思います)が必要であり、それでも十分に確認しづらい後輪を、バック駐車の目安に利用する不確実性を問題にしたいのです。

私のように、多くの人は直接見えない後輪を、「想像しながら」目安にしているのではないでしょうか?

次の動画は、見えない後輪を目安に入り口コーナー(ピボットエリア)を回り込もうとして、隙間が空き過ぎて失敗してしまうバック駐車の例です。見えない後輪を目安にしないで、車の角を目安にすれば、もっと隙間を詰めて入れられるはずです。

<出典動画:『初心者運転 サイドミラーだけで車庫入れするコツ 駐車』YouTube>

車の後ろの角は確実に見える

どんな車でも、車の後ろの角はサイドミラーに写ります。それなら、後輪より後ろの角を目安にすれば良いのに、どうして多くの人が後輪を目安にしているのでしょうか?

私もこれまで、バック駐車の方法を説明したりする時に、後輪がどこを通るかを考えていました。改めて考えてみても、はっきりした理由が思い浮かびません。

  • 地面と接しているのがタイヤだから?
  • 円軌道とタイヤを結び付けてイメージしやすいから?

恐らく、ピボットエリアなどのあるポイントを通過する説明として、後輪のタイヤを目印にすると説明がしやすいからだと思います。

バック駐車する車を外から眺めているのなら、後輪のタイヤを注視するのは理解できます。しかし、運転席からは見えない、見えにくい後輪より、良く見える後ろの角の方が運転する立場からは判断しやすいのです。

BlogPaint

 

それに、後輪は車の端よりかなり内側(オーバーハングの分だけ)にあります。駐車場の隣の車と接触するのは後輪でなく後ろの角の直近のバンパーです。後輪より後ろの角の方を目安にした方が、視覚的にも物理的にも確実性が高いのです。

アプローチから進入まで後ろの角を目安にする

通路から駐車スペースに接近する場面

BlogPaint

 

駐車場の通路(または車庫の前の道路)から駐車スペースに接近する場面では、可能な限り駐車スペースに車を寄せていきます。

通路(道路)の幅を一杯に使って、出来るだけ大きな角度に車を傾ける程、バック駐車はやさしくなります。斜めにバックするより、真っ直ぐバックする方が簡単です。

理想は入り口に対して垂直(90度)ですが、ほとんどの場合はそこまでの通路幅(道路幅)はないので、0度から90度未満の角度で傾けることになります。

そのための準備として、通路から駐車スペースに近づく場面では、出来るだけ駐車スペースに寄せていく必要があります。

車の後ろを入り口に向けて傾ける場面

BlogPaint

 

その後、入り口に車の後部を向けるために車を傾けます。

車を傾ける時のタイミングは、車の後ろの角が、駐車スペースの入り口のコーナーに近づけるようにします。

これまで、後輪を近づけるように考えていましたが、私の中でも後輪を近づけるのは想像の中でのことだったのだと分かりました。

私の車では、サイドミラーを一杯に下げても後輪は直接見えません。後輪があるであろう辺りに見当をつけていただけでした。

サイドミラーに直接見えているのは、車の側面から後ろの角のところだけです。後輪があるであろう位置と車の後ろの角では距離があります。

想像する後輪の位置も曖昧であるばかりでなく、直接見える後ろの角との関係も曖昧です。2重の曖昧さを持った後輪を目安にするより、確実に見える後ろの角を目安にした方が正確なのは理解できるでしょう。

車の後ろの角を、駐車スペースの入り口のコーナーに近づけるように傾けます。

後ろの角はどこを目標にするか?

BlogPaint

 

車の後ろの角は、どこを目標にバックして行くべきなのか?

後輪の場合は、入り口のコーナーを中心にした半径50㎝の円(ピボットエリア)を通るように、という考えですが、見えない後輪と見えない(想像しているだけ)のピボットエリアを目標にする不確実な方法です。

見えている車の後ろの角と、見えている入り口のコーナーを、バックして近づける方が確実です。これが基本です。

進入からフィニッシュまでは後ろの角と境界線を目安に

入り口コーナーから中央寄りに修正する

BlogPaint

 

最後まで入り口のコーナーに近づけると、駐車スペースの境界線(白線)上に乗ってしまいます。入口のコーナーの手前で、駐車スペースの中央寄りに軌道を修正する必要があります。

その時にどれだけ中央寄りに修正するかは、具体的に何cm位を境界線から空けるようにすれば良いか、あらかじめイメージとして持っておきます。

一般的な駐車場は間口が2.5m位と想定できます。自分の家の車庫の場合には、異なる幅だけ勘案してください。

例えば乗っている車の全幅が1.7mの場合、(2.5m-1.7m) /2=0.4mで、車の片側40㎝づつ空ければ駐車スペースの中央に車を入れることが出来ます。

間口が2.5mというのは標準的な寸法です。その駐車場が標準より狭く感じる場合にはその分差し引いてください。

どの駐車場でも一定の修正にする確実性

BlogPaint

 

実際の駐車場の間口は同じではありません。およその標準が2.5mだというだけで様々です。

駐車場の間口に合わせて「片側何cm空ければ?」などと考えている暇はありません。どの駐車場でも、一定の最低限の距離を空けるようにすれば、迷う要素、不安定になる原因を排除できます。

例えば、いつも運転席側と境界線の間を10㎝空ける、20㎝空ける、30㎝空けるというように決めておきます。

助手席側より運転席側が少し狭くなるような設定が良いです。なぜなら助手席側の接触を回避したいからです。

空ける寸法は、色々な駐車場で試して経験的に決めれば良いと思います。

中央に停めるより真っ直ぐに停めることを優先

BlogPaint

 

駐車場によって間口はバラバラなので、車を中央に停めようとすれば、車の後部が駐車スペースに入ってから、左右の空きスペースを比較しながらバックしていきます。

この一連の動作が不安定要素となって、バック駐車の出来栄えが上手かったり下手だったりの原因になります。

多くの場合、車を中央に停めようとして、結果的にどちらかに偏るだけでなく、車の向きも傾いてしまいます。

それよりも、運転席側に最小限の空きを確保して、境界線に沿って真っ直ぐに停めた方が綺麗な駐車になります。中央に停めることよりも、真っすぐに停めることを優先します。

片側のサイドミラーを中心にする

運転席側のサイドミラーに写る車の後ろの角、および角に続く車の側面と、駐車スペースの境界線が、自分が想定した空き寸法の間隔で平行になるようにバックします。

サイドミラーは凸レンズなので、車の側面と境界線を正確に平行にするには慣れが必要ですが、左右のサイドミラーで左右の空きを等しく、なおかつ平行になるようにするよりは遥かに簡単です。

勿論、助手席側のサイドミラーで、左隣の車と接触しないように確認するのは必要ですが、運転席側のサイドミラーを中心にしてバックします。

運転席側を内側にしてのバック駐車を例に説明しましたが、助手席側を内側にした場合も同様です。どちらか片方を基準にして合わせる、中心にします。

後輪より後ろの角を目安にした場合の大きな副産物

空き過ぎを起こしにくい

BlogPaint

 

私の実感なのですが、後輪を目安に想定した場合より、車の角を目安にした時の方が、運転席側が空き過ぎて、助手席側に車が寄ってしまうことが少なくなる印象です。(助手席側からバック駐車する場合には助手席側の空き過ぎを起こしにくい)

恐らく理由としては、

  • 後輪より後ろの角の方が目標(入口のコーナー)に近いから。
  • 後輪より後ろの角の方が車体の外側にあるから。(タイヤは車体の内側に入っているから)

が考えられます。

車体の内側で見えない後輪を想像しながら境界線に沿わすより、車体の外側で見える後ろの角で境界線に沿わす方が、視覚的に境界線に近づけやすいのではないかと推察します。

セダンのバック駐車が分かりやすくなる

BlogPaint

 セダンは前も後ろもオーバーハング(車軸から車体の端までの距離)が大きいので、バック駐車がやりにくく感じている人もいます。

主な原因としては、後輪と車体の端との距離が大きいので、後輪を目安にした方法ではその差が大きく影響するからです。頭では後輪を意識しながら、サイドミラーからは車体の角が注意を惹きつけます。この両者のズレが目標(入口のコーナー)との誤差を大きくします。

セダンでも、車の後ろの角を目標(入口のコーナー)に合わせるように意識すれば、意識と視覚が一致するので精度が上がります。

セダンは一般的に車体が直線的ですので、後ろの角からサイドのラインを、境界線と平行に沿わせやすい利点もあります。

BlogPaint

 

「この車、座席が低くてサイドミラーの白線も見にくいし、車の鼻先がどこまであるか分かりづらい。いつもの車と違うとバック駐車がやりにくい」

他人の車や、車検の時の代車を運転する時など、アクセルペダルやハンドルまでの距離が合わなかったり、サイドミラーやルームミラーの角度がずれていたりすることは良く経験します。

私は、他人の車を運転する時に、座席の位置などが合わなくても、いちいち調節することはしませんでした。そうすることが、運転が上手な(と思われたい)人の態度だと思い込んでいたからです。不利な状況を道具に頼るのでなく、自分の技術でカバーする、と格好つけていたのです。

思えば、これまでドライビングポジションなどセットしたことは一度もありませんでした。家族の誰かが調節したままの状態で運転していたのです。せいぜいルームミラーの角度を変えたりするだけでした。

しかし、今まで知らなかったドライビングポジションのセットの方法が分かると、何十年も損していたと思いました。安全性が向上するだけでなく、疲労や腰痛なども軽減するように思います。

どんな車でも共通したセット方法なので、買い替えた時や、今の車で運転しづらいと感じていたら、直ぐに試して欲しいです。運転席の高さを調節するだけでも、バック駐車が上達します。

oldtim car-171443_640

シートバック(座席の背)にもたれかかるのか?

よく若い男の人で、座席の背(シートバック)に寝そべるようにして運転している人がいます。そういう人の車の運転席に座ると、アクセルやブレーキのペダルが遠すぎて届かなかったりします。

そのまま運転したら、いざという時ペダルを踏み損ねたり、車の前方が見えなかったり危険です。それだけでなく、ハンドルに近づこうとするとシートバックから離れるので、腰や背中が疲れます。

背中やお尻の後ろに隙間ができないように、シートバックにもたれて体重を預けると、疲労が少なくなるだけでなく、ハンドルへもしっかり力が伝わり操作がふらつきません。カーブでも遠心力で外側に身体を振られないようにしてくれます。万が一の衝突事故の時にも、シートバックに背中が密着していた方が衝撃を吸収します。

ですから、シートバックには常にもたれかかって(密着して)いなければなりません。

シートバックにもたれかかる最適な角度は?

<出典画像:『シートバックの角度調節』https://www.carsensor.net/contents/editor/category_1471/_27777.html

ハンドルやペダルを操作する必要がなければ、寝そべっている方が楽ですが、運転をしながらでは首や腰が疲れます。

ハンドルに手をかけた姿勢でも、疲れない最適な角度があります。

その角度の見つけ方は、シートバックを一度前に倒して前かがみになります。その姿勢から少しずつシートバックを起こして行き、お腹や背中に力が入らない最も楽な位置を見つけます。その位置が最適な角度です。

シート(座席)の前後の最適な位置は?

<出典画像:『シートの前後の位置調節』https://www.carsensor.net/contents/editor/category_1471/_27777.html

シートの前後の位置は、ペダルから遠くても不安定だし、近すぎても窮屈です。足の長さで決まるのでしょうか?

シート(座席)を一番前にずらしてから、右足はアクセルペダル、左足はフットレスト(足休め)ペダルに置きます。

この窮屈な位置から、シートを少しずつ後ろへずらしていきます。

両足(両ひざ)の緊張感が取れて、最も楽な位置でシートを固定します。アクセルペダルが奥まで楽に踏み込めること、フットペダルでしっかり踏ん張れることを確認します。この位置がシートの前後の最適な位置です。この位置が適切でないと、衝突時に足の骨折の確立が高くなるそうです。

シートの前後の位置が適切でないと、アクセルとブレーキを踏み間違えたり、衝突時に踏ん張って上体を支えられなかったりします。

シートの座面の最適な高さは?

シートの座面が低いと、車の横や前の方が見えにくいので、接触事故を起こしやすくなります。

<出典画像:『座面の高さと視界の違い』https://www.fiat-auto.co.jp/ciao/driving_posture_suv/

私はこれまでシートの座面を調節したことはありませんでした。セダンやスポーツタイプ、コンパクトカーは、座面がもともと低いのだから、周囲が見えにくくて当然と思い込んでいました。

どのタイプの車であっても、限界はありますが、座面は高く設定する方が良いということを知りました。それだけ、周囲への視界が広がるからです。こんな当然のことも深く考えたことがありませんでした。

<出典画像:『座面の高さ調節』https://www.carsensor.net/contents/editor/category_1471/_27777.html

調節の目安としては、シートバックに背中をつけたまま背伸びをしないで、車の先端から6~8メートルの位置が見えるような高さです。分からない場合は、メーター類が見えなくならない範囲で出来るだけ高くします。「ボンネットの1/4が見える位置」という表現で説明する人もいます。結果的に、天井から握り拳(こぶし)1個分ぐらいの隙間が空くぐらいになるでしょう。

<出典画像:『座面を一杯に高くする』https://www.fiat-auto.co.jp/ciao/driving_posture_suv/

ヘッドレストの最適な高さは?

追突された時にむち打ち症にならないように、ヘッドレストで頭を受け止められるように調節します。

ヘッドレストの最適な高さはどこなのか?今まで考えたこともありませんでした。適当に頭を押し当てて、後ろに反り返らなければいいぐらいに思っていました。

「自分の耳が、ヘッドレストの中心に来るように」という調節の目安もありましたが、「シートバックにもたれて、頭の頂上とヘッドレストのトップが同じ高さになるのが最適な高さということです。」という説明の方が分かりやすかったです。

ハンドルの前後の最適な位置は?

<出典画像:『ハンドルの前後の位置調節』https://www.carsensor.net/contents/editor/category_1471/_27777.html

勘違いしている人が意外に多いのですが、ハンドルを遠く離すほど、運転が上手く見えると思っているのです。

寝そべって足を延ばし、ハンドルの下を回して運転している人などは、その典型例です。

手が伸び切ってハンドルを操作するのは、効率が悪く安全性も劣ります。咄嗟の時の操作が遅れますから。

私は下の動画を3年前に見てから、ハンドルとの距離感が変わりました。ついでに、送りハンドルを右左折や駐車時に多用するようにもなりました。

<出典動画:『ステアリング操作の練習』YouTube>

ハンドルの前後の位置の調節の方法は、シートバックに背中を付けたまま、両手を伸ばして、手首の付け根がハンドルの上部に掛かる位置に固定します。

肩を浮かせたり、前かがみにならないようにして位置を決めるのがポイントです。

ハンドルの上下の最適な位置は?

<出典画像:『ハンドルの高さ調節』https://www.carsensor.net/contents/editor/category_1471/_27777.html

ハンドルの向こうにメーター類があります。私はそんなことを意識したことはありませんでした。見えて当たり前だと思っていたからです。

しかし、ハンドルの上下の位置によっては、メーター類の一部がハンドルの陰になっていることもありえます。

もしかしたら、そんな不完全な視野の状態のまま、これまで運転していたのかも知れません。

ハンドルの上下の最適な位置は、シートバックに背中を付けたまま、ハンドルの隙間から、メーター類が完全に見えるように、上下の位置を調節します。

私の車のメーター類はハンドルの前でなく、カーナビの上にあるのでハンドルの陰になることはありません。しかし、そういう場合でも、メーター類がハンドルの後ろにあると想定して調節した方が良いのではないかと思います。

この2つの動画の説明が秀逸だった

この2つの動画がとても分かりやすくまとめられていました。

<終点動画:『Mazda人馬一体アカデミー』YouTube>

<出典動画:『JAFMate|なるほど運転レッスン「シートポジション」』YouTube>

  1. ハンドルを一番下、一番奥の位置にして、シートは一番後ろ、座面も一番下に下げて準備します。シートには深く腰掛け、隙間がないように座ります。

    <出典画像:『セット前の準備』https://www.carsensor.net/contents/editor/category_1471/_27777.html

  2. シートバックを前に倒した位置から後ろに上げていって、上体が最も楽な位置を決める。

  3. 両足をアクセルペダルとフットレストに掛け、シートを一番前にした窮屈な状態から、少しずつ後ろに下げながら、膝下が最も楽な位置を決める。

  4. 座面を上げて、車の先端から6~8メートル先の地面が見える位置(分からなければ、メーター類が見える範囲で出来るだけ高い位置)または、ボンネットの1/4が見える位置。

  5. 両手の手首のところがハンドルに掛かるように、ハンドルの前後の調節をする。

  6. メーターがハンドルの隙間から完全に見える位置に、ハンドルの高さを調節する。

  7. フットレストのトップと自分の頭のトップが、同じ高さになるようにフットレストの位置を調節する。

     

↑このページのトップヘ