バック駐車が苦手から得意になった30代主婦のメモ

バック駐車が苦手だった30代主婦が運転が得意になったコツのメモ

カテゴリ: バック駐車

バック駐車が苦手なのは分かります。
私も運転の中でバック駐車が一番苦手でした。


いつまでも苦手のままなのは、
車がどう動くのかの仕組み、
基本原理が分かっていないからでした。


なんとなくそのうち慣れるだろうと運転しています。
それよりも基本原理を理解した方が、
ずっと早くバック駐車が得意になります。
たった2つの仕組みを理解すれば良いだけですから。
automobile and lady-1853936_1280

バック駐車が苦手な原因を分かっている?


あなたはバック駐車が苦手な理由を、
本当に分かっていますか?


何となく苦手程度の理解ではありませんか?
それでは苦手を克服するのに時間が掛かってしまいます。


慣れれば経験の積み重ねで、
「理屈は分からないけど、なんとなく出来る」
ことは可能かも知れません。


しかしそういう覚え方では、
いつもと違う作りの駐車場や、
狭い駐車場などで応用が効かないのです。


私はどうしてバック駐車が苦手なのか?
一度真剣に考えてみてください。

主婦のためのやさしい基本原理


バック駐車に限らず、
車の全ての運転操作を通じて、
2つの仕組み、基本原理を理解しておけば、
あなたの運転は無駄のない安全なものに変わります。

ハンドルを回すと車はどちらに動くのか


主婦の多くが勘違いしているのが、
ハンドルを回す向きと車が曲がる向きの関係です。


前進と交代で反対の向きになると錯覚しています。
ハンドルと車の向きは、
前進でも後退でも同じ
なのだということを、
徹底的に頭に叩き込んでください。

BlogPaint



前後のタイヤは曲がる時に同じところを通らない


前のタイヤと後ろのタイヤは、
同じところを通ると錯覚している人がいます。


前輪と後輪は同じところを通りません
前輪は後輪より外側を通ります。
逆に言えば、
後輪は前輪の内側を通ります。
この差を「内輪差」と言います。

BlogPaint


内輪差の理解がなぜ必要なのでしょうか?


内輪差を理解していないとぶつかるからです。


前進でも後退でも内輪差が発生します。
例えば駐車スペースから左へ出て行く場合、
前輪よりも後輪は左側を通ります。
そのため左隣の車の角にぶつける可能性があります。

BlogPaint



また駐車スペースへ後退して入っていく場合、
前輪は後輪より外側を通りますので、
駐車スペースの対面の車の角にぶつける可能性があります。
(*追記2019/06/04:この場合は、外側のタイヤですので、内輪差でなく「外輪差」が正しいです。外側のタイヤも曲がる時に、前輪は後輪よりも外側を通ります。以下の文中で、内輪差の後に外輪差を追記しました)

BlogPaint



駐車スペースから出る時と入る時に、
内輪差と外輪差が分かっていないと必ずぶつけます。


覚えやすく理解するなら、
車の対角線のコーナーを気を付けるようにすれば良いです。

BlogPaint


仕組みを理解しないと苦手のまま


ハンドルの向きと車の向き。
内輪差と外輪差の影響。


たった2つの基本原理を理解するだけで、
あなたのバック駐車の安全性と技術はレベルアップします。


この機会にこの仕組みを頭に叩き込みましょう。
そうしないといつまでも苦手なままです。


ハンドルの向きと車の向きは前進でも後退でも同じ。
内輪差と外輪差があるので車の対角線がぶつからないように注意。



バック駐車で起こす事故は、
駐車スペースの周りの車との接触事故です。


事故を起こすパターンも原因も分かっています。
主婦にとっては感覚的に苦手な原因でもあります。


前輪と後輪が同じところを通らない感覚が分からない。
サイドミラーを見ていても何を判断すれば良いのか分からない。
そのポイントを抑えればバック駐車の事故の危険性は下がります。
lady and car-1386213_640

バック駐車で主婦が起こしやすい事故


バック駐車をする時に起こしやすい事故は主に5か所への接触です。

駐車スペースの両隣に駐車している車の角の部分。
駐車スペース後方に駐車している車の後部。
駐車スペースの対面に駐車している車の角の部分です。

BlogPaint


この5か所で主婦が特に気を付けなければいけないのは、
両隣と対面の車の角です。

バックし過ぎて駐車スペース後方の車への衝突は、
駐車の完了近くにルームミラーやバックモニターで
確認する癖をつければ防げます。


駐車スペースの両隣や対面の車の角への接触事故は、
どちらも「内輪差」と「外輪差」の理解の欠如の問題です。

未然に防止する方法


「内輪差」とは、
前輪は後輪より外側を通過して曲がるという原理です。

BlogPaint


バック駐車する場合、
内側(曲がっていくコーナー側)では、
後輪より前輪は内側を通るので、
隣の車に後輪さえぶつからなければ前輪もぶつかりません


反対に外側の前輪は外側の後輪より外側を通り、これを外輪差といいますが、
車の前部は外側に振られます。



サイドミラーで内側の後輪ばかりに気を取られて、
対面の車の角にぶつけてしまうことがあります。


特に狭い駐車場でバック駐車する時は、
外側前輪が外側に振られることも忘れてはいけません。


一度で駐車できない場合、
何度か切り返しを焦ってする時に、
対面の車の角に接触しがちなので注意します。

この場合を捉えた動画がありますので、
参考にしてください。


(出典:『【事故】駐車場で停車してたら当てられました!』by YouTube)

「内輪差」「外輪差」という言葉は忘れても良いですが、
バック駐車の時は次の2点は忘れないようにしましょう。

  • 内側後輪がぶつからなければOK

  • 外側前輪は外側に振れるので注意!


BlogPaint



駐車スペースの両隣の車の角にぶつける原因は、
サイドミラーを見ていても、
後輪(の付近)がぶつからなければOKということが分かっていないのです。


サイドミラーを見ていても意味が分かって見ていないからです。
後輪(付近)と隣の車の間に隙間がないのに曲がるからです。


それが分かっていれば次の動画のような接触事故は起きません。


(出典:『逆突(バック)事故』by YouTube)

車体が動く方を動く前に見る


車線変更する時には、
変更する前にそちらの安全を確認します。


バック駐車する場合も同じです。
バックする前に内側後輪付近の安全を確認します。
車が動き出すと同時に車体が外側に振られるので、
振られる前にそちらの安全を確認します。


車の運転操作は全て同じです。
車体が動く方の安全を、
動く前に見るのです。

(*文中、外輪差の追記をしました。2019/06/04)


バック駐車で主婦が一番苦手なこと


vintage-2224733_640

バック駐車が苦手な主婦の一番苦手なポイントは2点です。

  1. ハンドルを回す方向と車が曲がる方向が混乱している。

  2. 色々なところを見てサイドミラーに集中していない。


他にも細かいところは色々ありますが、
最大の欠点はこの2点です。


ハンドルを回すこと自体に問題はありません。
サイドミラーを見ること自体は問題ありません。


ハンドルを回すとどちらに曲がるのか体で分かっていないこと、
サイドミラーで何をどう見れば良いのか分かっていないことが問題です。


理解すべきポイントが分かれば、
それを繰り返すことで体に染みつきます。


注意すべきポイントが分からずにバック駐車しているから、
いつまでも大事なことを体が覚えないのです。


主婦を救うための特別な練習方法


ハンドルと曲がる方向を体で覚える練習


前進でも後退でも、
ハンドルを切った方に車は曲がります。


しかし前進と後退では逆になると勘違いしている人がいます
体で覚えていないから勘違いするのです。


バックしながらハンドルを回す練習をする必要があります。


【長いバック】と【直線バック】という練習が最適です。


【長いバック】は長い距離をバックするだけです。
ルームミラーで後方の安全を確認しながら、
サイドミラーで車の偏りを調節します。


駐車スペースには入れなくても良いので、
難易度は低いですが、
意外に車は左右にブレることに驚きます。


この微妙なブレをハンドルで調整しながら、
ハンドルと車の向きの関係を感じ取ります。


安全面だけは確保した場所で行う必要があります。
こちらの動画が【長いバック】の練習の参考になります。


(出典:『バックの練習(実車Ⅱ):長いバック』by YouTube)

【直線バック】は角度を付けず直線的に、
駐車スペースにバックします。
サイドミラーを使ったバックの練習になります。


直線とは言っても微妙に左右に車は蛇行します。
その小さなブレをハンドルで調整しながらバックします。


角度をつけないので、
心理的な負担も少なく、
ハンドルを回す方向と、
車が曲がる方向の感覚が瞬時に得られます。


慣れるに従って角度を少しづつ付けていきます。
広いショッピングモールなどの、
空いている時間帯に練習すると良いでしょう。


こちらの動画が【直線バック】の練習の参考になります。


(出典:『バックの練習(実車Ⅰ):明石DS』by YouTube)

サイドミラーの見方を体で覚える練習


サイドミラーで見るポイントは2つだけです。

  1. 曲がろうとするコーナーに近づけること。

  2. 駐車スペースに入ったら境界線と平行させること。


やはりショッピングモールなどの大きな駐車場で、
空いている時間帯に練習します。


曲がるコーナーは駐車スペースの境界線の端です。
ここに後輪(付近)が近づけるようにハンドルを操作します。


コーナーをギリギリ回れたら、
駐車スペースの中で、
境界線と平行になるようにハンドルを操作します。


この2つのポイントだけを繰り返し練習します。
こちらの動画が参考になります。


(出典:『初心者運転 サイドミラーだけで車庫入れするコツ 駐車』by YouTube)

習うより慣れろ【体で覚える】


理屈は忘れやすいです。
自転車や水泳のように、
体で覚えた動作は忘れにくいです。


主婦が苦手と感じるバック駐車のポイントを理解して、
そこに集中して練習を繰り返せば、
必ず体で覚えることが出来ます。


バックしながらハンドルを回す練習。
サイドミラーはコーナーと平行に集中する練習です。


バック駐車でサイドミラーの見え方が理解できていない人がいます。
あなたは完全に理解できていますか?
バック駐車で特に重要なのはサイドミラーです。


サイドミラーでどこを見るのか?
見るべきポイントがあります。


サイドミラーの見え方をどう判断するのか?
見え方を判断するポイントがあります。


サイドミラーの見え方を完全に理解すれば、
あなたのバック駐車は安全で正確になります。
mirrors-2850352_640

サイドミラーで何を見れば良いのか


バック駐車の時、
あなたはサイドミラーで何を確認していますか?


サイドミラーで確認するポイントは2つしかありません。
  1. 曲がるコーナーと自分の車の後輪(付近)との距離。

  2. 駐車スペースの境界線と自分の車のボディーとの距離。


この2つのポイントだけ確認できれば良いのです。

BlogPaint


BlogPaint


サイドミラーの見え方をどう判断するのか?


駐車スペースに進入する時に、
曲がるコーナーの中心点は、
駐車スペースの境界線の端です。


隣に車が止まっている場合に、
車の頭が前に飛び出している時は、
境界線の延長したラインの先端になります。


自分の車の後輪(付近)がボディの端で、
バックしてもこれより内側にボディーは入ってきません
だから少しでも隙間があれば安全にバックできることになります。

BlogPaint


1cmmでも隙間があれば隣の車とはぶつかりません


バック駐車で一番注意するポイントは、
曲がるコーナーをめがけてバックしていく時に、
隣の車の角にぶつけないことです。


サイドミラーから見える距離で、
少しでも隙間があれば安全だということです。


サイドミラーで見える隙間はとても狭く感じますが、
隙間がある限りぶつかることはありません。


内側の後輪より内側に前輪が通ることが出来ないからです。
(これを内輪差と言います)


駐車スペースに進入できた後は、
境界線と自分の車のボディーが平行になるようにバックを続けます。


ここまで来て車を斜めに傾けてしまう人がいます。


その最大の原因は、
両方のサイドミラーをキョロキョロ見て、
駐車スペースの真ん中に止めようとハンドルを回し過ぎてしまうことです。


真っすぐに止めることが身に付かない内は、
片側(内側=曲がったコーナーの側)のサイドミラーだけに集中して、
境界線と平行になることに徹します。


ど真ん中に止めることを意識するよりも、
真っすぐに止めようと意識することを優先します。

この意識は超重要です。
下手な人はここが逆になっていますから。

次の動画を見てサイドミラーの見え方のイメージを持ってください。


(出典:『駐車する時のミラーの見え方』by YouTube)

後輪(付近)が見えるように調節しておく


バック駐車が下手な人のサイドミラーの見え方は、
自分の後輪(付近)と駐車場の境界線が見えない角度になっています。


駐車場に止めた折に、
両側のサイドミラーが、
自分のボディと境界線を捉えているか確認して、
しっかり調節しておきましょう。


サイドミラーの角度を下げる程駐車しやすくなりますが、
下げ過ぎてしまうと走行時に後方が確認できません。


私は駐車時に毎回調節するのは面倒なので、
走行時に支障がない範囲内で角度を下げています。


最近はギアをバック(R)に入れると、
自動的にサイドミラーの角度が下がる車が出てきているそうです。


バック駐車でのサイドミラーの見え方の判断は、
曲がるコーナーはギリギリ接近しても安全だということ。
内側のサイドミラーだけで境界線とボディを平行にすること。

この2点に集中しましょう。


ちなみにルームミラーは、
駐車が完了する寸前に、
後ろの車などの障害物とぶつからないように確認するだけです。


バック駐車でもたついている人を見ると、
余計なことに一生懸命で、
肝心なところに集中していないことが分かります。


ハンドルを必死で回しているのに、
車が思う方向に行かずに焦っています。
私もそうでしたから良く分かります。


バック駐車でハンドルの回し方は特に重要です。
ハンドルの回し方の3つのポイントを理解できれば、
バック駐車は簡単に克服できます。
car handle-2094312_640

ハンドルの回し方が分からなくなる原因


ハンドルの回し方が分からなくなる主な原因は3つです。
回す速度、車の曲がる向きとの関係、車の向きの確認の仕方です。

ハンドルを速く回し過ぎる


教習所では手を交差させてハンドルを回す、
「クロスハンドル」という回し方しか教えていません。


クロスハンドルは早く回すことができますが、
バック駐車(あらゆる駐車でも同様)では、
そんなに早く回す必要がありません。


むしろ早く回し過ぎるので、
間違った方向へ余計に動かしてしまうのです。

ハンドルの方向と曲がる方向の関係が分からない


ハンドルを回す方向と車が曲がる方向の関係が、
前に進む時は分かるのに、
バックする時になると混乱してしまうのです。


後ろ向きに進むと、
前に進む時とは違うような錯覚に陥ります。


車を曲げたい方向と逆の方向へ、
ハンドルを思いっきり回していたりします。

車体の向きの確認が出来ない


車が思い通りの位置や向きでないことに、
気がつくことが遅いから、
修正することも遅れます。


間違った瞬間に気がつけば、
直ぐに修正が出来ます。


ハンドルを回した結果の反応が、
即確認できないから駐車に時間がかかるのです。


ハンドル回し方と車の向きの確認


無駄な時間をかけずにスームーズにバック駐車するために、
原因になった3つの問題を解決しましょう。

ハンドルの方向と曲がる方向


ハンドルの回す方法と、
車が曲がる方向は、
前進でもバックでも同じです。


左にバックしたければ、
ハンドルも左に回します。
右にバックしたければ、
ハンドルも右に回します。


前進もバックもハンドルを回す方向は同じです。

BlogPaint


車体の向きの確認


車体が今どちらを向いているかを確認するには、
主に3つの方法があります。


1つは正面のフロントガラス越しの景色と、
自分の車の前部とのバランスで感じ取れます。


車の前部のラインと前の景色との対比で、
真っすぐになっているか傾いているか確認できます。


フロントガラス越しの向きの調整は、
駐車スペースへ入り切った直後に行うと良い方法です。


2つ目は隣の車との並びの空間のバランスで感じ取ります。
しかしこれは微妙な差異なので一番判断が難しい方法です。
この方法はおすすめできません。


3つ目はサイドミラーに映る境界線と車との対比です。
境界線と平行になっているかどうかで判断できます。


サイドミラーから境界線を確認するのが、
最も正確に車の傾きを判断できるので、
車の向きを調整するのはこの方法を使います。


車が駐車スペースに入り切って直ぐに、
フロントガラス越しの景色と車の前部を見比べて、
車の傾きを真っすぐに戻します。


その後はサイドミラーを見ながら、
境界線と車のラインを平行に保ちながら、
微妙な間隔を調節しながらバックしていきます。


ハンドルの遅い回し方


ハンドルを速く回転させてしまうクロスハンドルではなく、
「送りハンドル(プッシュプルハンドル)」を使います。


送りハンドルは車が低速で曲がる場合に用いると、
ゆっくりしたハンドルの回転によって、
車の曲がる速度も抑えられるので安全性が増します。


送りハンドルのやり方は、
片手で送り(プッシュ)、
反対側の手で引く(プル)動作で行います。


(出典:『【初めての運転】 プッシュプル(送り)ハンドル操作方法 AT/MT車』by YouTube)

プッシュとプルはどちらが先でも後でも構いません。
やりやすい方で行ってください。

両手を交差させないので、
一遍に大きく回転することがありません。


送りハンドルは安全を確認しながら曲がるために有効です。
左折や右折の時にも安全を確認しながら曲がることが出来ます。

車の傾きをハンドルを見て判断しない


最後にハンドル操作が苦手な人の欠点を指摘します。


車の傾きをハンドルの傾きを見て判断しようとすることです。

ハンドルを10時10分、9時15分になるように、
ハンドルの向きに気を取られていると、
ますます車が思わぬ方向へ曲がってしまいます。

BlogPaint



バック駐車の基本は、
あくまでもサイドミラーの確認ですが、
車の向きを最初に真っすぐにするのに、
フロントガラス越しに前の景色を確認することが有効です。


ハンドルの向きで車を真っすぐにしようとしないで、
フロントガラスから見つめたまま、
手元のハンドルは見ずに送りハンドルで車の向きを調節します。


決してハンドルは見ない。
駐車スペースに入ったら先ず正面の景色を見て真っすぐにする。
あとはサイドミラーで境界線と平行にバックします。
ハンドルは送りハンドルです。



正面の景色で傾きが判断できない内は、
サイドミラーだけに集中しましょう。

慣れてきたら以下の手順がバック駐車の理想的な手順です。

  1. 内側のサイドミラーで境界線(の延長ライン)をめがけて内側後輪を近づける。

  2. 境界線上(の延長ライン上)に来たら車を曲げる。

  3. 駐車スペースに内外の後輪が入ったら正面の景色を見て車を真っすぐにする。

  4. 内側サイドミラーを見ながら境界線と平行にバックして行く。


ハンドル操作は終始送りハンドル(プッシュプルハンドル)です。

次の動画は一連の流れが分かりやすく確認できます。


(出典:『初心者でもできるバック駐車のコツ【超簡単】ミラーとハンドル操作 駐車の達人』by YouTube)

おすすめのポイントは、

最後の部分で、
正面の景色、つまり対面する駐車スペースのラインと、
自分の車のフロント部分が平行になるように確認するところです。

ハンドルを見て車の傾きを確認しません。
正面の景色とサイドミラーで判断します。

つまり、
ハンドルから目を話せ!です。

↑このページのトップヘ