本当は私もこういう贅沢な2人乗りのスポーツカーに乗ってみたいのかも知れません。独身だったら・・・。

マツダロードスター(MAZDA ROADSTER)をバック駐車で車庫入れするのに必要な道路幅(通路幅)を調べてみました。見た感じ相当小回りが利くように思います。

MAZDA-ROADSTER
(出典:https://kakaku.com/item/70100510157/)

マツダロードスター(MAZDA ROADSTER)のサイズ

ロードスターのグレードは、S,S Special Package,S Leather Package,RS(RF),とありますが、サイズ的には変わりません。トレッドも同じです。

項目サイズ
全長3,915mm
全幅1,735mm
全高1,235mm
ホイールベース(前後の車軸中心間の距離)2,310mm
トレッドF/R(左右の車輪中心間の距離)1,495/1,505mm
最小回転半径(最小回転時の外側前輪の円軌道半径)4.7m
*オーバーハングF/R(車軸中心からバンパー端間の距離)*802.5/802.5mm

*オーバーハングの正確な寸法は不明でしたので、前後均等に割り振りました。

 MAZDA-ROADSTER-1

MAZDA-ROADSTER-2

バック駐車で車庫入れするのに必要な道路幅

車庫のスペースは、間口2.5m、奥行き5mで想定しています。

MAZDA-ROADSTER-3

 

車庫の中心から3.346m離れて後輪を置き、車庫の入り口の水平ラインから1.152m車体側面を離して直角バックを行うと、3.912mを超える道路幅(通路幅)があれば、1回で車庫入れが可能と考えられます。

必要な道路幅(通路幅)が4mを切るのは軽自動車なみですね。

前向き駐車で車庫入れするとしたら

 MAZDA-ROADSTER-4

前向き駐車で1回で車庫入れしようとしたら、ドアミラーの余裕を25㎝見て、6.977mを超える道路幅(通路幅)が必要となります。

ほとんどの場合、そんなスペースはありませんので、何回か切り返しをする必要があります。

それにしても7mを切ってくると、前向き駐車でも切り返す回数はかなり少なくなります。コンビニの駐車場とかでは楽でしょうね。

 


(出典:『【実車レポート!MAZDA ROADSTER RF 2019】日本でも30周年記念イベントがここからスタート❗️車重が軽いロードスター‼️』by K motor lab  in YouTube  )