バック駐車でサイドミラーの見え方が理解できていない人がいます。
あなたは完全に理解できていますか?
バック駐車で特に重要なのはサイドミラーです。


サイドミラーでどこを見るのか?
見るべきポイントがあります。


サイドミラーの見え方をどう判断するのか?
見え方を判断するポイントがあります。


サイドミラーの見え方を完全に理解すれば、
あなたのバック駐車は安全で正確になります。
mirrors-2850352_640

サイドミラーで何を見れば良いのか


バック駐車の時、
あなたはサイドミラーで何を確認していますか?


サイドミラーで確認するポイントは2つしかありません。
  1. 曲がるコーナーと自分の車の後輪(付近)との距離。

  2. 駐車スペースの境界線と自分の車のボディーとの距離。


この2つのポイントだけ確認できれば良いのです。

BlogPaint


BlogPaint


サイドミラーの見え方をどう判断するのか?


駐車スペースに進入する時に、
曲がるコーナーの中心点は、
駐車スペースの境界線の端です。


隣に車が止まっている場合に、
車の頭が前に飛び出している時は、
境界線の延長したラインの先端になります。


自分の車の後輪(付近)がボディの端で、
バックしてもこれより内側にボディーは入ってきません
だから少しでも隙間があれば安全にバックできることになります。

BlogPaint


1cmmでも隙間があれば隣の車とはぶつかりません


バック駐車で一番注意するポイントは、
曲がるコーナーをめがけてバックしていく時に、
隣の車の角にぶつけないことです。


サイドミラーから見える距離で、
少しでも隙間があれば安全だということです。


サイドミラーで見える隙間はとても狭く感じますが、
隙間がある限りぶつかることはありません。


内側の後輪より内側に前輪が通ることが出来ないからです。
(これを内輪差と言います)


駐車スペースに進入できた後は、
境界線と自分の車のボディーが平行になるようにバックを続けます。


ここまで来て車を斜めに傾けてしまう人がいます。


その最大の原因は、
両方のサイドミラーをキョロキョロ見て、
駐車スペースの真ん中に止めようとハンドルを回し過ぎてしまうことです。


真っすぐに止めることが身に付かない内は、
片側(内側=曲がったコーナーの側)のサイドミラーだけに集中して、
境界線と平行になることに徹します。


ど真ん中に止めることを意識するよりも、
真っすぐに止めようと意識することを優先します。

この意識は超重要です。
下手な人はここが逆になっていますから。

次の動画を見てサイドミラーの見え方のイメージを持ってください。


(出典:『駐車する時のミラーの見え方』by YouTube)

後輪(付近)が見えるように調節しておく


バック駐車が下手な人のサイドミラーの見え方は、
自分の後輪(付近)と駐車場の境界線が見えない角度になっています。


駐車場に止めた折に、
両側のサイドミラーが、
自分のボディと境界線を捉えているか確認して、
しっかり調節しておきましょう。


サイドミラーの角度を下げる程駐車しやすくなりますが、
下げ過ぎてしまうと走行時に後方が確認できません。


私は駐車時に毎回調節するのは面倒なので、
走行時に支障がない範囲内で角度を下げています。


最近はギアをバック(R)に入れると、
自動的にサイドミラーの角度が下がる車が出てきているそうです。


バック駐車でのサイドミラーの見え方の判断は、
曲がるコーナーはギリギリ接近しても安全だということ。
内側のサイドミラーだけで境界線とボディを平行にすること。

この2点に集中しましょう。


ちなみにルームミラーは、
駐車が完了する寸前に、
後ろの車などの障害物とぶつからないように確認するだけです。