FORESTER-X-BREAK
(出典:https://response.jp/article/2018/10/31/315620.html)

スバルのSUV、フォレスター(FORESTER)が、バック駐車で車庫入れするのに最低限必要な道路幅(通路幅)はどのくらいか調べてみました。

私の子供の頃、父親がスバルの軽自動車に乗っていたことがあります。冬の時期など十分にエンジンが温まらないとエンストしていた記憶があります。内装なども安っぽい印象がありました。

今は安全を最優先した車作りをコンセプトに、「アイサイト」という安全機能を標準装備にして、運転しやすい視界の良さや疲れにくい座席シートなどの評判を耳にします。

全車種4WDというスバルフォレスター(FORESTER)の、X-BREAKモデルを参考にしました。

スバルフォレスターX-BREAKのサイズ

項目サイズ
全長4,625mm
全幅1,815mm
全高1,730mm
ホイールベース(前輪と後輪の車軸中心間距離)2,670mm
トレッド前/後(左右輪の中心間距離)1,565/1,570mm
最小回転半径(外側前輪の最小円軌道半径)5.4m

前後のオーバーハング(車軸中心からバンパー外端までの距離)はデータ不明のため、前後均等に想定しました。

FORESTER-X-BREAK-1

バック駐車で車庫入れするのに必要な道路幅

車庫のスペースは間口2.5m、奥行き5mで想定しました。

FORESTER-X-BREAK-2

車庫の中心から3.911mに後輪を置き、車庫の入り口ラインから1.606m車体側面を離して直角バックして車庫入れした場合、道路幅が4.645mを超える幅があれば、1回でバック駐車できることが分かります。

また、一般の駐車場で1回の直角バックで駐車する場合、駐車したいスペースより2つ先の駐車スペースの奥の境界線が、運転席の横に来た位置で開始すればよいことも分かります。

前進で1回で駐車するための道路幅

ついでに、前進駐車する場合にはどれだけの通路幅が必要か見てみます。

FORESTER-X-BREAK-3

1回の前進駐車で車庫入れするためには、8.213mを越える道路幅が必要です。(25㎝のドアミラーの逃げを含む)